電子書籍 ニッポン エロ・グロ・ナンセンス 昭和モダン歌謡の光と影 実用

著: 毛利眞人 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ニッポン エロ・グロ・ナンセンス 昭和モダン歌謡の光と影 あらすじ・内容

昭和の初め、世に言うエロ・グロ・ナンセンス時代に大量に作られ消費された、あきれるほどバカバカしいがゆえに魅惑的なエロ歌謡群は、いつしか忘却の底に沈みました。まさに日本歌謡史におけるミッシング・リンクといってよいでしょう。エロで生れてエロ育ち、私しゃ断然エロ娘……などと歌い上げたそれらを拾い上げ、つなぎあわせ、戦前の日本人が感じたエロを、その誕生から滅亡までたどってみる……。それが本書の目論見です。

この作品を共有

「ニッポン エロ・グロ・ナンセンス 昭和モダン歌謡の光と影」最新刊

昭和の初め、世に言うエロ・グロ・ナンセンス時代に大量に作られ消費された、あきれるほどバカバカしいがゆえに魅惑的なエロ歌謡群は、いつしか忘却の底に沈みました。まさに日本歌謡史におけるミッシング・リンクといってよいでしょう。エロで生れてエロ育ち、私しゃ断然エロ娘……などと歌い上げたそれらを拾い上げ、つなぎあわせ、戦前の日本人が感じたエロを、その誕生から滅亡までたどってみる……。それが本書の目論見です。

「ニッポン エロ・グロ・ナンセンス 昭和モダン歌謡の光と影」の作品情報

レーベル
講談社選書メチエ
出版社
講談社
ジャンル
実用 音楽
ページ数
328ページ (ニッポン エロ・グロ・ナンセンス 昭和モダン歌謡の光と影)
配信開始日
2016年10月28日 (ニッポン エロ・グロ・ナンセンス 昭和モダン歌謡の光と影)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad