電子書籍 アイデアは敵の中にある 「結果」を出す人は、どんなコミュニケーションを心がけているのか 実用

著: 根津孝太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

アイデアは敵の中にある 「結果」を出す人は、どんなコミュニケーションを心がけているのか あらすじ・内容

新しいアイデアは、往々にして敵対する人のなかにあるものです。敵対するということは、自分だけでは気づけない何かが、相手のなかにあるからです。それを探らないで最初から突っぱねてしまうのは、非常にもったいない。「会話のなかに反対意見が差し込まれたら、ラッキーと思え」。相手の異論を宝物として、「戦略的な思考」をもって向き合うことの意味です。それは「自分を成長させてくれるまたとないチャンス」なんです。

この作品を共有

「アイデアは敵の中にある 「結果」を出す人は、どんなコミュニケーションを心がけているのか」最新刊

新しいアイデアは、往々にして敵対する人のなかにあるものです。敵対するということは、自分だけでは気づけない何かが、相手のなかにあるからです。それを探らないで最初から突っぱねてしまうのは、非常にもったいない。「会話のなかに反対意見が差し込まれたら、ラッキーと思え」。相手の異論を宝物として、「戦略的な思考」をもって向き合うことの意味です。それは「自分を成長させてくれるまたとないチャンス」なんです。

「アイデアは敵の中にある 「結果」を出す人は、どんなコミュニケーションを心がけているのか」の作品情報

レーベル
――
出版社
中央公論新社
ジャンル
実用 ビジネス 教養
ページ数
198ページ (アイデアは敵の中にある 「結果」を出す人は、どんなコミュニケーションを心がけているのか)
配信開始日
2016年10月25日 (アイデアは敵の中にある 「結果」を出す人は、どんなコミュニケーションを心がけているのか)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad