電子書籍 木島日記(角川コミックス・エース) マンガ

完結
原作: 大塚英志  著者: 森美夏 

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

木島日記 上 あらすじ・内容

昭和、日本。あってはならない物語。

【電子版巻末特典:紙版未掲載イラスト収録】昭和初期の東京。民俗学者にして歌人の折口信夫は古書店「八坂堂」に迷い込む。奇怪な仮面で顔を覆った店主・木島平八郎は信じられないような自らの素性を語り始めた…。

この作品を共有
  

「木島日記(角川コミックス・エース)」最新刊

【電子版巻末特典:紙版未掲載イラスト収録】ドイツから持ち込まれたUFOの設計図を「仕分け」する! 昭和初期の世相を記録した『木島日記』から、闇に葬るべき、あってはならない物語が平成の世に浮かび上がる…超民俗学伝奇小説の傑作コミック!

「木島日記(角川コミックス・エース)」作品一覧

(3冊)

各700円 (+税)

まとめてカート

【電子版巻末特典:紙版未掲載イラスト収録】昭和初期の東京。民俗学者にして歌人の折口信夫は古書店「八坂堂」に迷い込む。奇怪な仮面で顔を覆った店主・木島平八郎は信じられないような自らの素性を語り始めた…。

【電子版巻末特典:紙版未掲載イラスト収録】開戦前夜の日本。歌人でもある民族学者・折口信夫は、「この世にあってはならぬ物の仕分人」を名乗る木島平八郎と出会い、彼が綴る信じられない怪事件や現象に遭遇していく…!

【電子版巻末特典:紙版未掲載イラスト収録】ドイツから持ち込まれたUFOの設計図を「仕分け」する! 昭和初期の世相を記録した『木島日記』から、闇に葬るべき、あってはならない物語が平成の世に浮かび上がる…超民俗学伝奇小説の傑作コミック!

「木島日記(角川コミックス・エース)」の作品情報

レーベル
角川コミックス・エース
出版社
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
マンガ 男性向け 完結 青年マンガ 少年マンガ ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
283ページ (木島日記 上)
配信開始日
2016年11月4日 (木島日記 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad