電子書籍 即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。 新文芸

限定特典あり
著者: 藤孝剛志  イラスト: 成瀬ちさと 
みんなの★
4.7

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。1 あらすじ・内容

全ての敵が即死する!!

修学旅行中、バスの中で寝ていた高遠夜霧は、クラスメートの壇ノ浦知千佳に起こされて目を覚ました。すると--そこは異世界だった!
知千佳の説明によると、突然現れた賢者シオンと名乗る少女が、クラスメートのほぼ全員に“ギフト”という能力を与えて、『今から冒険を始めてこの中から成長して賢者になる者が出なければ全員奴隷にする』と言ったのだという。そして、今バスの中に残っているのは、なぜか能力を与えられなかった無能力者で、自分達は他のクラスメートが最初のミッションをクリアするために囮としておいていかれたのだと。
いきなり大ピンチの夜霧と思いきや、実は彼は、この世界の基準では計れないほどの力、《即死能力》を持っていたのだ!

これは、無能とされた少年と少女が、あらゆる敵を即死させながら、元の世界に戻るための旅をするお話。
本当に最強なら、戦いにすらならない! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが?

  • シェア:

「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。」最新刊

BOOK☆WALKER限定オリジナルSS付!

コミック版好評連載中!

高校の修学旅行中、高遠夜霧と壇ノ浦知千佳のクラスは突然異世界に召喚された。
クラスメイトのほとんどが召喚者である賢者から《ギフト》を与えられたにもかかわらず死んでいく中、元々特殊な《即死能力》を持っていた夜霧と壇ノ浦流弓術という古武術の達人だったのに加え、壇ノ浦もこもこという強力な守護霊が憑いていた知千佳は、元の世界に帰るために着々と《賢者の石》を集めていた。
そして、この世界の神であるマルナリルナが死んだことで封印が解け、《賢者の石》は女神ルーとなり夜霧たちに協力してくれることになる。
一方、UEGと名乗る女神は世界を滅ぼそうとして夜霧に倒される。
ところが、この世界に来てからの全てが夢だったことにされてしまい――

「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。」作品一覧

(12冊)

各1,320(税込)

まとめてカート

全ての敵が即死する!!

修学旅行中、バスの中で寝ていた高遠夜霧は、クラスメートの壇ノ浦知千佳に起こされて目を覚ました。すると--そこは異世界だった!
知千佳の説明によると、突然現れた賢者シオンと名乗る少女が、クラスメートのほぼ全員に“ギフト”という能力を与えて、『今から冒険を始めてこの中から成長して賢者になる者が出なければ全員奴隷にする』と言ったのだという。そして、今バスの中に残っているのは、なぜか能力を与えられなかった無能力者で、自分達は他のクラスメートが最初のミッションをクリアするために囮としておいていかれたのだと。
いきなり大ピンチの夜霧と思いきや、実は彼は、この世界の基準では計れないほどの力、《即死能力》を持っていたのだ!

これは、無能とされた少年と少女が、あらゆる敵を即死させながら、元の世界に戻るための旅をするお話。
本当に最強なら、戦いにすらならない! 成長チート? 無限の魔力? 全属性使用可能? そんなもの即死能力で一撃ですが?

修学旅行中の高校生が1クラス全員、突然異世界に召喚されてしまう。彼らを召喚した《賢者》は、彼らに《ギフト》という能力を与えて冒険を強制し、新たな賢者を生み出そうとしていたが、高遠夜霧と壇ノ浦知千佳は、ギフトを受け取れない《無能力者》として捨て置かれた--
だが、実は夜霧は、元々《即死能力》を持っていて、元の世界では、日本はおろか世界中から監視されていたのだった。
力が正義のファンタジー世界では、力に溺れ、驕ったクラスメイトや、賢者の眷属、はては賢者そのものまでが、夜霧と知千佳を無能力者と侮り、理不尽な要求を突き付け、あるいは命を奪おうとする。そして夜霧は、そのことごとくを、即死能力で葬っていく。
「元の世界に帰る。最悪は俺たち二人だけでもね」
知千佳にはそう言ったが、夜霧は 『最悪と言うなら、彼女だけでも帰せれば』と思っていた……。

これは、無能とされた少年と少女が、あらゆる敵を即死させながら、元の世界に帰るための旅をするお話----

「何を喚んだかわかっているのか! もう終わりだ! この世界はもう終わりなんだよ!」

クラスメイトと共に突然異世界に召喚された高遠夜霧と壇ノ浦知千佳。彼らは全員が《ギフト》と呼ばれる能力を受け取るはずだったが、二人を含む何人かはこれを受け取れず、足手まといとして切り捨てられた。
だが、元の世界にいたころから特殊な《即死能力》を持っていた夜霧は、知千佳とその守護霊である壇ノ浦もこもこと共に、独自に元の世界に帰るための旅路につくのだった--
まずはクラスメイト達と合流すべく王都を目指す二人の前に、夜霧の持つ力に魅かれるがごとくに次々と、行く手を阻むものが現れる。
夜霧はそれを全て即死能力で排除していくが、その過程で、この世界の最大脅威の一つだった魔神すら葬り去ってしまう。
図らずもこの世界のパワーバランスを崩してしまった彼らは、《賢者》や《聖王》といったこの世界の中核を成す存在と、深く関わっていくことになる----

「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。」の作品情報

レーベル
アース・スターノベル
出版社
アース・スター エンターテイメント
ジャンル
新文芸 男性向け 異世界系作品
ページ数
399ページ (即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。1)
配信開始日
2016年10月28日 (即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad