電子書籍 この甲斐性なし!と言われるとツラい~日本語は悪態・罵倒語が面白い~(光文社新書) 新書

著: 長野伸江 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この甲斐性なし!と言われるとツラい~日本語は悪態・罵倒語が面白い~ あらすじ・内容

女をののしりたいとき、男をこらしめたいとき、愛をささやくとき、悲しみにうちひしがれたとき、仲間をはげましたいとき、人生につかれたとき、一発、ぶちかましてみませんか? 古事記・日本書紀から、明治・大正・昭和・平成の文学作品、はては国会論議から夫婦ゲンカに至るまで、悪態・罵倒語はどのように使われ、日本人の血となり肉となったのか。豊饒なる日本語の世界へ分け入る一冊。

この作品を共有

「この甲斐性なし!と言われるとツラい~日本語は悪態・罵倒語が面白い~(光文社新書)」を見ている人にこれもおすすめ

「この甲斐性なし!と言われるとツラい~日本語は悪態・罵倒語が面白い~(光文社新書)」最新刊

女をののしりたいとき、男をこらしめたいとき、愛をささやくとき、悲しみにうちひしがれたとき、仲間をはげましたいとき、人生につかれたとき、一発、ぶちかましてみませんか? 古事記・日本書紀から、明治・大正・昭和・平成の文学作品、はては国会論議から夫婦ゲンカに至るまで、悪態・罵倒語はどのように使われ、日本人の血となり肉となったのか。豊饒なる日本語の世界へ分け入る一冊。

「この甲斐性なし!と言われるとツラい~日本語は悪態・罵倒語が面白い~(光文社新書)」の作品情報

レーベル
光文社新書
出版社
光文社
ジャンル
新書 語学 学問
ページ数
247ページ (この甲斐性なし!と言われるとツラい~日本語は悪態・罵倒語が面白い~)
配信開始日
2016年2月19日 (この甲斐性なし!と言われるとツラい~日本語は悪態・罵倒語が面白い~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad