電子書籍 犬は「びよ」と鳴いていた~日本語は擬音語・擬態語が面白い~(光文社新書) 新書

著: 山口仲美 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

犬は「びよ」と鳴いていた~日本語は擬音語・擬態語が面白い~ あらすじ・内容

昔の日本では赤ん坊は「イガイガ」と泣き、朝日は「つるつる」と昇っていた? 擬音語、擬態語の面白さに魅せられた国語学者が案内する不思議で楽しい日本語ワールド!

この作品を共有

「犬は「びよ」と鳴いていた~日本語は擬音語・擬態語が面白い~(光文社新書)」を見ている人にこれもおすすめ

「犬は「びよ」と鳴いていた~日本語は擬音語・擬態語が面白い~(光文社新書)」最新巻

昔の日本では赤ん坊は「イガイガ」と泣き、朝日は「つるつる」と昇っていた? 擬音語、擬態語の面白さに魅せられた国語学者が案内する不思議で楽しい日本語ワールド!

「犬は「びよ」と鳴いていた~日本語は擬音語・擬態語が面白い~(光文社新書)」の作品情報

レーベル
光文社新書
出版社
光文社
ジャンル
新書 語学
ページ数
282ページ (犬は「びよ」と鳴いていた~日本語は擬音語・擬態語が面白い~)
配信開始日
2016年2月19日 (犬は「びよ」と鳴いていた~日本語は擬音語・擬態語が面白い~)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad