電子書籍 愛され続ける文豪シリーズ 文芸

著: 夏目漱石 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

愛され続ける文豪シリーズ 夏目漱石 あらすじ・内容

夏目漱石■愛され続ける文豪シリーズ
若かりしころ、国語の時間に習った夏目漱石のあの作品。
国語に興味がなかった時とは違い、今は読書が趣味。
ゆっくり時間をかけて読み直したい!
そんな人におススメの作品集である。

明治の文豪夏目漱石の作品の中で、
これだけは読んでおきたいという書籍を集めました。
寝る前に、移動中に、旅先で、、、。
時代が変わっても古びない名作の魅力を楽しもう!


夏目漱石■愛され続ける文豪シリーズ
若かりしころ、国語の時間に習った夏目漱石のあの作品。

■目次

●吾輩は猫である
 一 吾輩は猫である。名前はまだ無い。…
 二 吾輩は新年来多少有名になったので、…
 三 三毛子は死ぬ。…
 四 例によって金田邸へ忍び込む。…
 五 二十四時間の出来事を洩れなく書いて、…
 六 こう暑くては猫といえどもやり切れない。…
 七 吾輩は近頃運動を始めた。…
 八 垣巡と云う運動を説明した時に、…
 九 主人は痘痕面である。…
 十 「あなた、もう七時ですよ」と…
 十一  床の間の前に碁盤を中に据えて…

●坊ちゃん
 一 親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。…
 二 ぶうと云って汽船がとまると、…
 三 いよいよ学校へ出た。…
 四 学校には宿直があって、…
 五 君釣りに行きませんかと赤シャツがおれに聞いた。…
 六 野だは大嫌いだ。…
 七 おれは即夜下宿を引き払った。…
 八 赤シャツに勧められて釣に行った帰りから、…
 九 うらなり君の送別会のあるという日の朝、…
 十 祝勝会で学校はお休みだ。…
 十一 あくる日眼が覚めてみると、…

●草枕
 一 山路を登りながら、こう考えた。…
 二 「おい」と声を掛けたが返事がない。…
 三 昨夕は妙な気持ちがした。…
 四 ぽかんと部屋へ帰ると、…
 五 「失礼ですが旦那は、やっぱり東京ですか」…
 六 夕暮の机に向う。…
 七 寒い。手拭を下げて、湯壺へ下る。…
 八 御茶の御馳走になる。…
 九 「御勉強ですか」と女が云う。…
 十 鏡が池へ来て見る。…
 十一 山里の朧に乗じてそぞろ歩く。…
 十二 基督は最高度に芸術家の態度を具足したるものなりとは、…
 十三 川舟で久一さんを吉田の停車場まで見送る。…

●夢十夜
●三四郎
●それから
●こころ

この作品を共有

「愛され続ける文豪シリーズ」最新刊

太宰 治■愛され続ける文豪シリーズ
一度は読んでおきたい7つの人気作品集

若かりしころ、国語の時間に習った太宰治のあの作品。
国語に興味がなかった時とは違い、今は読書が趣味。
ゆっくり時間をかけて読み直したい!
そんな人におススメの作品集である。

文豪太宰治の作品の中で、
これだけは読んでおきたいという書籍を集めました。
寝る前に、移動中に、旅先で、、、。
時代が変わっても古びない名作の魅力を楽しもう!



【目次】
●女生徒
 あさ、眼をさますときの気持は、面白い。
●走れメロス
 メロスは激怒した。…
●お伽草紙
 「あ、鳴つた。」
 と言つて、父はペンを置いて立ち上る。
●ヴィヨンの妻
 一 あわただしく、玄関をあける音が聞えて、…
 二 とにかく、しかし、そんな大笑いをして、…
 三 ほんの三十分、いいえ、もっと早いくらい、…

●斜陽
 一 朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、…
 二 蛇の卵の事があってから、…
 六 戦闘、開始。
 七 直治の遺書。
 八 ゆめ。皆が、私から離れて行く。

●人間失格
 はしがき
 第一の手記 恥の多い生涯を送って来ました。…
 第二の手記 海の、波打際、といってもいいくらいに海にちかい岸辺に、…
 第三の手記 竹一の予言の、一つは当り、一つは、はずれました。…
 あとがき

●グッド・バイ
 変心 (一) 文壇の、或る老大家が亡くなって、…
 変心 (二) 田島は、泣きべその顔になる。…
 行進 (一) 田島は、やってみる気になった。…
 行進 (二) 馬子にも衣裳というが、…
 行進 (三) 田島は敵の意外の鋭鋒にたじろぎながらも、…
 行進 (四) キヌ子のアパートは、…
 行進 (五) セットの終ったころ、…
 怪力 (一) しかし、田島だって、もともとただものでは無いのである。
 怪力 (二) 「あそびに来たのだけどね、」と田島は、…
 怪力 (三) 田島は、ウイスキイを大きいコップで、ぐい、ぐい、と二挙動で飲みほす。
 怪力 (四) 「ピアノが聞えるね。」
 コールド・ウォー (一) 田島は、しかし、永井キヌ子に投じた資本が、惜しくてならぬ。
 コールド・ウォー (二) こうなったら、とにかく、キヌ子を最大限に利用し活用し、…

「愛され続ける文豪シリーズ」作品一覧

(2冊)

各150円 (+税)

まとめてカート

夏目漱石■愛され続ける文豪シリーズ
若かりしころ、国語の時間に習った夏目漱石のあの作品。
国語に興味がなかった時とは違い、今は読書が趣味。
ゆっくり時間をかけて読み直したい!
そんな人におススメの作品集である。

明治の文豪夏目漱石の作品の中で、
これだけは読んでおきたいという書籍を集めました。
寝る前に、移動中に、旅先で、、、。
時代が変わっても古びない名作の魅力を楽しもう!


夏目漱石■愛され続ける文豪シリーズ
若かりしころ、国語の時間に習った夏目漱石のあの作品。

■目次

●吾輩は猫である
 一 吾輩は猫である。名前はまだ無い。…
 二 吾輩は新年来多少有名になったので、…
 三 三毛子は死ぬ。…
 四 例によって金田邸へ忍び込む。…
 五 二十四時間の出来事を洩れなく書いて、…
 六 こう暑くては猫といえどもやり切れない。…
 七 吾輩は近頃運動を始めた。…
 八 垣巡と云う運動を説明した時に、…
 九 主人は痘痕面である。…
 十 「あなた、もう七時ですよ」と…
 十一  床の間の前に碁盤を中に据えて…

●坊ちゃん
 一 親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。…
 二 ぶうと云って汽船がとまると、…
 三 いよいよ学校へ出た。…
 四 学校には宿直があって、…
 五 君釣りに行きませんかと赤シャツがおれに聞いた。…
 六 野だは大嫌いだ。…
 七 おれは即夜下宿を引き払った。…
 八 赤シャツに勧められて釣に行った帰りから、…
 九 うらなり君の送別会のあるという日の朝、…
 十 祝勝会で学校はお休みだ。…
 十一 あくる日眼が覚めてみると、…

●草枕
 一 山路を登りながら、こう考えた。…
 二 「おい」と声を掛けたが返事がない。…
 三 昨夕は妙な気持ちがした。…
 四 ぽかんと部屋へ帰ると、…
 五 「失礼ですが旦那は、やっぱり東京ですか」…
 六 夕暮の机に向う。…
 七 寒い。手拭を下げて、湯壺へ下る。…
 八 御茶の御馳走になる。…
 九 「御勉強ですか」と女が云う。…
 十 鏡が池へ来て見る。…
 十一 山里の朧に乗じてそぞろ歩く。…
 十二 基督は最高度に芸術家の態度を具足したるものなりとは、…
 十三 川舟で久一さんを吉田の停車場まで見送る。…

●夢十夜
●三四郎
●それから
●こころ

太宰 治■愛され続ける文豪シリーズ
一度は読んでおきたい7つの人気作品集

若かりしころ、国語の時間に習った太宰治のあの作品。
国語に興味がなかった時とは違い、今は読書が趣味。
ゆっくり時間をかけて読み直したい!
そんな人におススメの作品集である。

文豪太宰治の作品の中で、
これだけは読んでおきたいという書籍を集めました。
寝る前に、移動中に、旅先で、、、。
時代が変わっても古びない名作の魅力を楽しもう!



【目次】
●女生徒
 あさ、眼をさますときの気持は、面白い。
●走れメロス
 メロスは激怒した。…
●お伽草紙
 「あ、鳴つた。」
 と言つて、父はペンを置いて立ち上る。
●ヴィヨンの妻
 一 あわただしく、玄関をあける音が聞えて、…
 二 とにかく、しかし、そんな大笑いをして、…
 三 ほんの三十分、いいえ、もっと早いくらい、…

●斜陽
 一 朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、…
 二 蛇の卵の事があってから、…
 六 戦闘、開始。
 七 直治の遺書。
 八 ゆめ。皆が、私から離れて行く。

●人間失格
 はしがき
 第一の手記 恥の多い生涯を送って来ました。…
 第二の手記 海の、波打際、といってもいいくらいに海にちかい岸辺に、…
 第三の手記 竹一の予言の、一つは当り、一つは、はずれました。…
 あとがき

●グッド・バイ
 変心 (一) 文壇の、或る老大家が亡くなって、…
 変心 (二) 田島は、泣きべその顔になる。…
 行進 (一) 田島は、やってみる気になった。…
 行進 (二) 馬子にも衣裳というが、…
 行進 (三) 田島は敵の意外の鋭鋒にたじろぎながらも、…
 行進 (四) キヌ子のアパートは、…
 行進 (五) セットの終ったころ、…
 怪力 (一) しかし、田島だって、もともとただものでは無いのである。
 怪力 (二) 「あそびに来たのだけどね、」と田島は、…
 怪力 (三) 田島は、ウイスキイを大きいコップで、ぐい、ぐい、と二挙動で飲みほす。
 怪力 (四) 「ピアノが聞えるね。」
 コールド・ウォー (一) 田島は、しかし、永井キヌ子に投じた資本が、惜しくてならぬ。
 コールド・ウォー (二) こうなったら、とにかく、キヌ子を最大限に利用し活用し、…

「愛され続ける文豪シリーズ」の作品情報

レーベル
ADVENTURE BOOKS
出版社
ブックスボックス
ジャンル
文芸 雑学 日本文学
ページ数
1,747ページ (愛され続ける文豪シリーズ 夏目漱石)
配信開始日
2013年10月18日 (愛され続ける文豪シリーズ 夏目漱石)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad