電子書籍 愛すべき『蟲』と迷宮での日常(アルファポリス) ラノベ

著: 熟練紳士  イラスト: つくぐ 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

56ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

愛すべき『蟲』と迷宮での日常 あらすじ・内容

自称紳士で、凄腕蟲使いのレイアは、地下迷宮「モロド樹海」でギルドの依頼をこなすランクBの冒険者だった。ぱっと見はアルビノ体質のイケメンなレイアだが、その本性は他人よりも自らの操る蟲の方を大事にする外道。怒らせると命がない男として、周囲からは恐れられていた。そんなレイアは、あるとき、迷宮に潜った貴族の娘の救出を依頼される。ここでも外道のレイアは、依頼料を搾り取れるだけ搾り取ってから、迷宮に入っていくのだった――

この作品を共有

「愛すべき『蟲』と迷宮での日常(アルファポリス)」最新刊

ダンジョン冒険ファンタジー、待望の第四弾! 凄腕『蟲』使いのレイアのもとには、様々な依頼が持ち込まれる。冒険者養成機関の臨時講師、ギルドのクソ生意気な新人職員への研修、そして小国の乗っ取りを企む謎の美人エルフの調査など。もちろん、レイアはそれらの依頼を誠実にこなしていく。だが同時に、余計な犠牲者も大量に発生させてしまう。トラウマを植えつけられた者、身ぐるみをはがされた者、行方不明になった者……。そのほとんどが、レイアの歪んだ価値観と間違った正義感によるものなのだが、本人は心底善行のつもりなので矯正は不可能。よって、レイアの暴走は永遠に止まらない――

「愛すべき『蟲』と迷宮での日常(アルファポリス)」作品一覧

(4冊)

各960円 (+税)

まとめてカート

自称紳士で、凄腕蟲使いのレイアは、地下迷宮「モロド樹海」でギルドの依頼をこなすランクBの冒険者だった。ぱっと見はアルビノ体質のイケメンなレイアだが、その本性は他人よりも自らの操る蟲の方を大事にする外道。怒らせると命がない男として、周囲からは恐れられていた。そんなレイアは、あるとき、迷宮に潜った貴族の娘の救出を依頼される。ここでも外道のレイアは、依頼料を搾り取れるだけ搾り取ってから、迷宮に入っていくのだった――

ネットで大人気のダンジョン冒険ファンタジー、待望の第二弾! 容姿端麗で、世界で唯一の『蟲』魔法の使い手であるレイア。実力派冒険者であり、大貴族でもある彼だが、巨大な欠点が一つ。極悪非道な性格なのだ。レイアがどうしてそのようになったのか。その秘密は、数々の出会いにあった。元日本人の巨大な蟻のモンスター、根性悪の底辺冒険者、ドスケベ皇帝陛下、そして最強の『闇』魔法使い。規格外の彼らによって、レイアの魔法の腕は磨かれ、性格は外道へと変わっていったのだ――

凄腕『蟲』使いのレイアは、大貴族となった今も、冒険者として迷宮に潜る日々を楽しんでいる。だが、そんな彼の命を狙う人間が存在した。それは、私服を肥やすレイアの元上官の騎士や、国を乗っ取ろうとするギルドの幹部たち。彼らの身勝手な野望の達成には、レイアが邪魔だったのだ。そのため、罠や奇襲など様々な手を仕掛ける。しかし、蟲の魔法は彼らの想像を超えて強かった。拷問、洗脳、力押しと、レイアはあらゆる手段を用いて、悪党どもを返り討ちにしていく――

「愛すべき『蟲』と迷宮での日常(アルファポリス)」の作品情報

レーベル
アルファポリス
出版社
アルファポリス
ジャンル
ライトノベル 男性向け ファンタジー
ページ数
295ページ (愛すべき『蟲』と迷宮での日常)
配信開始日
2016年11月11日 (愛すべき『蟲』と迷宮での日常)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad