電子書籍 明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。 ラノベ

著者: 藤まる  イラスト: H2SO4 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。 あらすじ・内容

【悲報】どうやら俺の体が、謎の残念美少女に乗っ取られている模様【1日おき】

生まれつきの恐い顔のせいで、学校で浮きまくっている坂本秋月。ある夜、見ず知らずの美少女の事故現場に遭遇し、謎の人物から究極の選択を迫られる……。 『お前の寿命の半分で、彼女の命を救ってやろうか?』 秋月は寿命と引き換えに少女“夢前光”を救った、はずだったのだが……なぜか彼の体は1日おきに光の人格に乗っ取られてしまうという展開に! 始まってしまった二心同体の交換日記ライフ。イタズラ好きな光の人格は、トンデモな事態や人々を引き寄せ、秋月の低空飛行人生を一変させていく! しかし、光の過去を知る超絶イケメン君の登場によって、風雲急を告げる大事件へと────。 交換日記の中でしか触れ合うことのできない 「ぼっちな俺」 と 「残念な彼女」 の、人格乗っ取られ型青春ストーリー!

この作品を共有

「明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。」最新刊

死んでしまったはずの美少女・夢前光の人格が、なぜか1日おきにコワモテ男子・坂本秋月を乗っ取るという奇妙な二心同体生活。ハリケーン級の事件を巻き起こす光に振り回されつつも、徐々に惹かれていく秋月だったが、出会いから1年後、彼女はこんな言葉を残して、この世から永遠にいなくなってしまった……。 「笑って。泣かないで、坂本くん。それが、わたしの最後の願いだから」 しかし! ただでは死なないハチャメチャ少女の光は、あたたかくも切ないサプライズをみんなに用意していて──

「明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。」作品一覧

(4冊)

570円〜650円(+税)

まとめてカート

生まれつきの恐い顔のせいで、学校で浮きまくっている坂本秋月。ある夜、見ず知らずの美少女の事故現場に遭遇し、謎の人物から究極の選択を迫られる……。 『お前の寿命の半分で、彼女の命を救ってやろうか?』 秋月は寿命と引き換えに少女“夢前光”を救った、はずだったのだが……なぜか彼の体は1日おきに光の人格に乗っ取られてしまうという展開に! 始まってしまった二心同体の交換日記ライフ。イタズラ好きな光の人格は、トンデモな事態や人々を引き寄せ、秋月の低空飛行人生を一変させていく! しかし、光の過去を知る超絶イケメン君の登場によって、風雲急を告げる大事件へと────。 交換日記の中でしか触れ合うことのできない 「ぼっちな俺」 と 「残念な彼女」 の、人格乗っ取られ型青春ストーリー!

ある事故で死んだはずのハチャメチャ少女・夢前光。彼女の人格が、1日おきに俺の体を乗っ取るようになり約3ヶ月。俺は、彼女との交換日記で衝撃の事実を知る! 『坂本くん! い、妹ちゃんに彼氏が!』。 なんだと? しかし、なぜか妹は膝を抱えて半泣き状態。実に不機嫌な様子でダダをこねる……。う〜ん、わからん。 そんな夏休みの朝、事件は起こる。いつもより5分早く訪れた俺らの人格入れ替わりタイム——それは、夢前光が生き返っていられる時間が5分減っているという残酷な事実を意味していた……。

『おまえの寿命の残り全てで彼女を生き返らせてやろうか?』 一日おきに秋月の体を乗っ取る光とのハチャメチャな二心同体生活にさらなる事件が! 直接会う事もできない光を好きになってしまった彼に突きつけられた究極の選択――。 その答えを探る二人のもとに届いたのは、彼ら同様に“二つの心が同居する仲間”だと名乗る人物からのメールで……。 いつでも背中合わせだった二人が下す決断とは――!? 電子特別版には、2013年6月発売の『電撃文庫MAGAZINE Vol.32』掲載短編『明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。 雪瑚、おにいさまのトクベツを探す。』も追加収録!

「明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。」の作品情報

レーベル
電撃文庫
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
ジャンル
ライトノベル 男性向け 電撃大賞 めがイラスト
ページ数
331ページ (明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。)
配信開始日
2013年10月17日 (明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad