電子書籍 ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門 実用

著: 東洋経済新報社 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門 あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。
 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。

産業構造や企業戦略にインパクトを与える人工知能(AI)。米国における先端企業の実例や日本企業の取り組みを中心取材・紹介する。

ビジネスパーソンに役立つAI解説書の決定版!

なぜ、これからの企業経営にAI戦略が必要なのか?
AIを導入しないままだと、どうなってしまうのか?
実際にAIをビジネスへ生かすために必要なこととは何か?

海外、国内企業の先進事例をケーススタディで解説しつつ、
AIの可能性を探る、知的興奮に満ちた一冊。

■天才棋士・羽生善治氏vs.AI研究の第一人者・松尾豊氏がスペシャル対談
「ディープラーニングの先の未来で起きること」
まさに“最高頭脳”同士の対談!松尾氏には、最新のAIで何ができるか、そしてこれから何が起こるかなどの疑問を直撃。羽生氏にはコンピュータ将棋と戦う、トーナメント戦への参戦を決めた決意などを訊きながら、わかりやすく“AI革命”を解きほぐしてもらいます。

■海外企業の戦略はこれだ
・グーグルの現地取材、GE、マイクロソフト、シーメンス、ボッシュの戦略検証によって、世界先進企業が経営戦略へ、AIをどう取り入れようとしているのかを浮き彫りにします。
・オープン戦略、IoT、インダストリー4.0など、“今”を理解するために必要なキーワードを完全網羅。
・フィンテック革命とは何か?-欧米ではベンチャー企業がAIを使うことで、新たな金融サービスを生み出しています。日本にも影響を広げつつある、その変化について解説します。

■日本企業最前線
・トヨタ自動車、NEC、富士通、日立製作所、NTTグループ、ソフトバンクグループ、コマツ、ヤフーなど、AIを経営戦略に活用する企業を、東洋経済記者が徹底取材します。あなたの会社の参考になるケーススタディがあるかもしれません。
・プリファードネットワークスなど、世界が注目する日本発ベンチャーが登場。
・アルファ碁“圧勝”の理由とは? AIは作家になれるか? などコラムも充実。
・山田誠二・人工知能学会会長 などインタビューも読み応えがあります。

■機械と共存するために
・AIによる金融支配、人間の雇用代替の脅威が指摘される中、人間がAIと共存するためには何が必要か、分析します。

■これで完璧!AIブックガイド
・本書執筆陣の推薦などをもとに編集部が選んだ必読の14冊を紹介します。

この作品を共有

「ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※この商品は紙のページを画像にした電子雑誌です。
 文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。

産業構造や企業戦略にインパクトを与える人工知能(AI)。米国における先端企業の実例や日本企業の取り組みを中心取材・紹介する。

ビジネスパーソンに役立つAI解説書の決定版!

なぜ、これからの企業経営にAI戦略が必要なのか?
AIを導入しないままだと、どうなってしまうのか?
実際にAIをビジネスへ生かすために必要なこととは何か?

海外、国内企業の先進事例をケーススタディで解説しつつ、
AIの可能性を探る、知的興奮に満ちた一冊。

■天才棋士・羽生善治氏vs.AI研究の第一人者・松尾豊氏がスペシャル対談
「ディープラーニングの先の未来で起きること」
まさに“最高頭脳”同士の対談!松尾氏には、最新のAIで何ができるか、そしてこれから何が起こるかなどの疑問を直撃。羽生氏にはコンピュータ将棋と戦う、トーナメント戦への参戦を決めた決意などを訊きながら、わかりやすく“AI革命”を解きほぐしてもらいます。

■海外企業の戦略はこれだ
・グーグルの現地取材、GE、マイクロソフト、シーメンス、ボッシュの戦略検証によって、世界先進企業が経営戦略へ、AIをどう取り入れようとしているのかを浮き彫りにします。
・オープン戦略、IoT、インダストリー4.0など、“今”を理解するために必要なキーワードを完全網羅。
・フィンテック革命とは何か?-欧米ではベンチャー企業がAIを使うことで、新たな金融サービスを生み出しています。日本にも影響を広げつつある、その変化について解説します。

■日本企業最前線
・トヨタ自動車、NEC、富士通、日立製作所、NTTグループ、ソフトバンクグループ、コマツ、ヤフーなど、AIを経営戦略に活用する企業を、東洋経済記者が徹底取材します。あなたの会社の参考になるケーススタディがあるかもしれません。
・プリファードネットワークスなど、世界が注目する日本発ベンチャーが登場。
・アルファ碁“圧勝”の理由とは? AIは作家になれるか? などコラムも充実。
・山田誠二・人工知能学会会長 などインタビューも読み応えがあります。

■機械と共存するために
・AIによる金融支配、人間の雇用代替の脅威が指摘される中、人間がAIと共存するためには何が必要か、分析します。

■これで完璧!AIブックガイド
・本書執筆陣の推薦などをもとに編集部が選んだ必読の14冊を紹介します。

「ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門」の作品情報

レーベル
――
出版社
東洋経済新報社
ジャンル
実用 ビジネス 教養
ページ数
114ページ (ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門)
配信開始日
2016年11月15日 (ビジネスパーソンのための 決定版 人工知能 超入門)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad