電子書籍 生活支援の場のターミナルケア 介護施設で死ぬということ 実用

著: 高口光子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

生活支援の場のターミナルケア 介護施設で死ぬということ あらすじ・内容

病院で死ぬということは、懸命な治療の結果として亡くなるということ。自宅で死ぬということは、住み慣れたわが家で家族に囲まれ、家族の一員として亡くなるということ。それでは、介護施設で死ぬとはどういうことか。介護施設という、当事者以外はなかなか知り得ない現場の実際を、早くからターミナルケア(終末期ケア)に力を入れてきた著者が、赤裸々に語る。終末期の入居者と家族を通して考える看取り方。

この作品を共有

「生活支援の場のターミナルケア 介護施設で死ぬということ」最新刊

病院で死ぬということは、懸命な治療の結果として亡くなるということ。自宅で死ぬということは、住み慣れたわが家で家族に囲まれ、家族の一員として亡くなるということ。それでは、介護施設で死ぬとはどういうことか。介護施設という、当事者以外はなかなか知り得ない現場の実際を、早くからターミナルケア(終末期ケア)に力を入れてきた著者が、赤裸々に語る。終末期の入居者と家族を通して考える看取り方。

「生活支援の場のターミナルケア 介護施設で死ぬということ」の作品情報

レーベル
介護ライブラリー
出版社
講談社
ジャンル
実用 HOW TO 社会
ページ数
165ページ (生活支援の場のターミナルケア 介護施設で死ぬということ)
配信開始日
2016年11月25日 (生活支援の場のターミナルケア 介護施設で死ぬということ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad