電子書籍 明るい話は深く、重い話は軽く 文芸

著: 永六輔 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

明るい話は深く、重い話は軽く あらすじ・内容

伝えたい言葉、残しておきたい言葉もあれば、心に響かない言葉、無味乾燥な言葉もある――。日本中を旅して思ったこと・感じたことから、ボランティアの正しいあり方、殺伐とした世の中を和ませる秘訣まで、「出たきり老人」と異名をつけられた著者の「話」の妙味を集大成。

この作品を共有

「明るい話は深く、重い話は軽く」最新巻

伝えたい言葉、残しておきたい言葉もあれば、心に響かない言葉、無味乾燥な言葉もある――。日本中を旅して思ったこと・感じたことから、ボランティアの正しいあり方、殺伐とした世の中を和ませる秘訣まで、「出たきり老人」と異名をつけられた著者の「話」の妙味を集大成。

「明るい話は深く、重い話は軽く」の作品情報

レーベル
知恵の森文庫
出版社
光文社
ジャンル
文芸 エッセイ
ページ数
143ページ (明るい話は深く、重い話は軽く)
配信開始日
2016年11月25日 (明るい話は深く、重い話は軽く)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad