電子書籍 言っていいこと、悪いこと~日本人のこころの「結界」~ 文芸

著: 永六輔 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

言っていいこと、悪いこと~日本人のこころの「結界」~ あらすじ・内容

いろいろな人が聞くラジオのスタジオから心地よい風を送り出したいと思って五十年。言葉の世界にも結界──すなわち超えてはならないことがある。あるときは結界を踏み越えることで古い価値観が崩れ、世の中を変えてゆく。しかし逆に、時代が変わっても触れてはいけない結界もある。そんな人間と結界のむずかしい関係を考える。

この作品を共有

「言っていいこと、悪いこと~日本人のこころの「結界」~」最新巻

いろいろな人が聞くラジオのスタジオから心地よい風を送り出したいと思って五十年。言葉の世界にも結界──すなわち超えてはならないことがある。あるときは結界を踏み越えることで古い価値観が崩れ、世の中を変えてゆく。しかし逆に、時代が変わっても触れてはいけない結界もある。そんな人間と結界のむずかしい関係を考える。

「言っていいこと、悪いこと~日本人のこころの「結界」~」の作品情報

レーベル
知恵の森文庫
出版社
光文社
ジャンル
文芸 エッセイ
ページ数
203ページ (言っていいこと、悪いこと~日本人のこころの「結界」~)
配信開始日
2016年11月25日 (言っていいこと、悪いこと~日本人のこころの「結界」~)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad