電子書籍 「ズバ抜けた結果」を出す人の行動習慣 実用

著: 坂本幸蔵 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「ズバ抜けた結果」を出す人の行動習慣 あらすじ・内容

「失敗したら恥ずかしい」「周囲の目が気になる」「誰かに後押しされないと不安」などの理由で、行動にブレーキをかけていませんか?
しかし「ズバ抜けた結果」を出すためには、「行動の進め方」を変化させることが必要です。

著者は、サイバーエージェントで“史上初”の実績を連発後に独立、急成長中のITベンチャーを牽引する「やったります男」として知られる人物。

「入社1年目で10年目のトップ営業マンに勝つ」という周囲が笑うような「高い目標」を、ためらいなく公言して実現。
その過程で体得し、その後、経営者として磨き続けてきた、驚異的なモチベーションの高さとスピードで行動する方法を初公開。

◎行動できない人はいない
◎行動は「質」よりも「量」が大切
◎月間目標は「14日以内に達成」を目指す
◎「セカンドチャンス」があると思うな
◎「若手扱い」は自分から願い下げろ
◎ライバルは「同期」ではなく「最高峰」に設定する

「一生モノの突破力」が身につく45の行動習慣を紹介します!

この作品を共有

「「ズバ抜けた結果」を出す人の行動習慣」最新巻

「失敗したら恥ずかしい」「周囲の目が気になる」「誰かに後押しされないと不安」などの理由で、行動にブレーキをかけていませんか?
しかし「ズバ抜けた結果」を出すためには、「行動の進め方」を変化させることが必要です。

著者は、サイバーエージェントで“史上初”の実績を連発後に独立、急成長中のITベンチャーを牽引する「やったります男」として知られる人物。

「入社1年目で10年目のトップ営業マンに勝つ」という周囲が笑うような「高い目標」を、ためらいなく公言して実現。
その過程で体得し、その後、経営者として磨き続けてきた、驚異的なモチベーションの高さとスピードで行動する方法を初公開。

◎行動できない人はいない
◎行動は「質」よりも「量」が大切
◎月間目標は「14日以内に達成」を目指す
◎「セカンドチャンス」があると思うな
◎「若手扱い」は自分から願い下げろ
◎ライバルは「同期」ではなく「最高峰」に設定する

「一生モノの突破力」が身につく45の行動習慣を紹介します!

「「ズバ抜けた結果」を出す人の行動習慣」の作品情報

レーベル
――
出版社
日本実業出版社
ジャンル
実用 ビジネス
ページ数
177ページ (「ズバ抜けた結果」を出す人の行動習慣)
配信開始日
2015年6月17日 (「ズバ抜けた結果」を出す人の行動習慣)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad