電子書籍 世界をゆるがした十日間 文芸

著者: ジョン・リード  訳: 小笠原豊樹  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

世界をゆるがした十日間(上) あらすじ・内容

1917年のロシア革命は、全世界に複雑な波紋を投げかけ、その後の歴史にはかり知れない影響をあたえた。著者ジョン・リードは、ロシア・ボリシェヴィキの政権奪守にいたる1917年10~11月、その渦中で見聞した一切を記録し、あわせてビラの類をも集め、生き生きとした全体像を再構築した。レーニン、トロツキーをはじめとする指導者のみでなく、農民、労働者、兵士、そして反対派の動きも適確にとらえらた不朽の歴史書。

この作品を共有

「世界をゆるがした十日間」最新巻

第1次世界大戦でロシア軍が総退却すると国内の危機意識は一挙に高まり、宮殿へ赴いた請願行動の弾圧を機に情勢は急激に変化し、ついに帝政は崩壊、臨時政府の樹立とともに革命は国中に広がっていった。穏健派と急進派とが革命のヘゲモニーを争うなかからレーニン、トロッキーらが率いるボリシェヴィキが臨時政府を倒し権力を奪取した。歴史の現場にいたアメリカの若きジャーナリストが混乱のなかに身を投じ、著したルポルタージュの古典。

「世界をゆるがした十日間」作品一覧

(2冊)

各700円 (+税)

まとめてカート

1917年のロシア革命は、全世界に複雑な波紋を投げかけ、その後の歴史にはかり知れない影響をあたえた。著者ジョン・リードは、ロシア・ボリシェヴィキの政権奪守にいたる1917年10~11月、その渦中で見聞した一切を記録し、あわせてビラの類をも集め、生き生きとした全体像を再構築した。レーニン、トロツキーをはじめとする指導者のみでなく、農民、労働者、兵士、そして反対派の動きも適確にとらえらた不朽の歴史書。

第1次世界大戦でロシア軍が総退却すると国内の危機意識は一挙に高まり、宮殿へ赴いた請願行動の弾圧を機に情勢は急激に変化し、ついに帝政は崩壊、臨時政府の樹立とともに革命は国中に広がっていった。穏健派と急進派とが革命のヘゲモニーを争うなかからレーニン、トロッキーらが率いるボリシェヴィキが臨時政府を倒し権力を奪取した。歴史の現場にいたアメリカの若きジャーナリストが混乱のなかに身を投じ、著したルポルタージュの古典。

「世界をゆるがした十日間」の作品情報

レーベル
ちくま文庫
出版社
筑摩書房
ジャンル
文芸 ノンフィクション 英語
ページ数
284ページ (世界をゆるがした十日間(上))
配信開始日
2013年10月24日 (世界をゆるがした十日間(上))
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad