電子書籍 かくて飛竜は涙を流す The Dragons’ Tear(講談社ラノベ文庫) ラノベ

著: 五月猫文  イラスト: はあと 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

かくて飛竜は涙を流す The Dragons’ Tear あらすじ・内容

長く続く戦争の中、帝国空軍のエースガンナーとして連邦空軍の敵を撃墜してきたソウタ・カシワギは、ある戦闘で敵――竜騎兵の少年を撃つことができず、除隊処分となってしまう。自らの行くべき方向に迷うソウタの前に現れたのは、<ドラゴンスレイヤー>――人に害為す<黒の竜>を狩る一団の船長と、竜騎兵の少女・シノだった。急かされるようにシノの操る竜に乗せられるソウタだが、目標を捉えたときに――。

この作品を共有

「かくて飛竜は涙を流す The Dragons’ Tear(講談社ラノベ文庫)」を見ている人にこれもおすすめ

「かくて飛竜は涙を流す The Dragons’ Tear(講談社ラノベ文庫)」最新刊

長く続く戦争の中、帝国空軍のエースガンナーとして連邦空軍の敵を撃墜してきたソウタ・カシワギは、ある戦闘で敵――竜騎兵の少年を撃つことができず、除隊処分となってしまう。自らの行くべき方向に迷うソウタの前に現れたのは、<ドラゴンスレイヤー>――人に害為す<黒の竜>を狩る一団の船長と、竜騎兵の少女・シノだった。急かされるようにシノの操る竜に乗せられるソウタだが、目標を捉えたときに――。

「かくて飛竜は涙を流す The Dragons’ Tear(講談社ラノベ文庫)」の作品情報

レーベル
講談社ラノベ文庫
出版社
講談社
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
406ページ (かくて飛竜は涙を流す The Dragons’ Tear)
配信開始日
2016年12月2日 (かくて飛竜は涙を流す The Dragons’ Tear)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad