電子書籍 アッパーの生き方・暮らし方 アジア奮闘記 ‐自然学校誕生前史 実用

著: 広瀬敏通 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

アッパーの生き方・暮らし方 アジア奮闘記 ‐自然学校誕生前史 あらすじ・内容

自然学校やエコツーリズムの先駆者・広瀬敏通氏の若き日の記録である。広瀬氏は、1970年代のはじめ20代の前半、インドのへき地で障がい児のための村づくりに奮闘し、その後、80年代にはカンボジア難民キャンプで日本政府初の戦地における人道支援活動に携わった。この本は、貧困と戦乱のアジアで奮闘した若者の青春の記録であるとともに、日本の海外ボランティア活動黎明期の記録にもなっている。国際貢献、NGO、NPO、環境学習、体験学習にかかわる方だけでなく、多くの方々に読んで欲しい一冊。
【著者のあとがきから】
本書のテーマである『人としての生き方』を考えるきっかけになったアジアでの暮らしや富士山麓の自然と人々との出会いはわたしに、思考するためのキーワードをひとつ与えてくれた。それは『自然語』だ。
(中略)
現代の環境問題の多くは自然語から離れて(自然界とのつながりを断って)人間語の世界だけに特化してしまったことも大きな要因だと思う。人間以外の生き物は今なお、自然語なくして生存できない。
ちなみに自然学校とは、この自然語をふたたび自然界で学びなおすためにわたしが始めた活動でもある。

この作品を共有

「アッパーの生き方・暮らし方 アジア奮闘記 ‐自然学校誕生前史」最新巻

自然学校やエコツーリズムの先駆者・広瀬敏通氏の若き日の記録である。広瀬氏は、1970年代のはじめ20代の前半、インドのへき地で障がい児のための村づくりに奮闘し、その後、80年代にはカンボジア難民キャンプで日本政府初の戦地における人道支援活動に携わった。この本は、貧困と戦乱のアジアで奮闘した若者の青春の記録であるとともに、日本の海外ボランティア活動黎明期の記録にもなっている。国際貢献、NGO、NPO、環境学習、体験学習にかかわる方だけでなく、多くの方々に読んで欲しい一冊。
【著者のあとがきから】
本書のテーマである『人としての生き方』を考えるきっかけになったアジアでの暮らしや富士山麓の自然と人々との出会いはわたしに、思考するためのキーワードをひとつ与えてくれた。それは『自然語』だ。
(中略)
現代の環境問題の多くは自然語から離れて(自然界とのつながりを断って)人間語の世界だけに特化してしまったことも大きな要因だと思う。人間以外の生き物は今なお、自然語なくして生存できない。
ちなみに自然学校とは、この自然語をふたたび自然界で学びなおすためにわたしが始めた活動でもある。

「アッパーの生き方・暮らし方 アジア奮闘記 ‐自然学校誕生前史」の作品情報

レーベル
――
出版社
みくに出版
ジャンル
実用 エッセイ ノンフィクション 社会 学問
ページ数
204ページ (アッパーの生き方・暮らし方 アジア奮闘記 ‐自然学校誕生前史)
配信開始日
2016年12月1日 (アッパーの生き方・暮らし方 アジア奮闘記 ‐自然学校誕生前史)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad