電子書籍 ホレホレ・ソング(コミュニティ・ブックス) 実用

著: ジャック・Y・タサカ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ホレホレ・ソング 哀歌でたどるハワイ移民の歴史 あらすじ・内容

その昔、ハワイのプランテーション農場では、日本人移民の間で、ホレホレ節がさかんに歌われた。ホレホレとはハワイ語で砂糖キビの枯れ葉をむしることで、草分け同胞は炎天下でホレホレしながら、望郷の念にかられ、耕地労働の辛さや日常生活の苦しみなどを歌にうたった。異国に幸せを求めて海を渡った無名の人びとの、炎天下のキビ畑で繰り広げられる血と汗と涙の物語。次代に伝えられるべき日系移民の大きな遺産――はじめての""ホレホレ節考""。太平洋時代に向けて、もっとハワイを知る本!

この作品を共有

「ホレホレ・ソング(コミュニティ・ブックス)」最新刊

その昔、ハワイのプランテーション農場では、日本人移民の間で、ホレホレ節がさかんに歌われた。ホレホレとはハワイ語で砂糖キビの枯れ葉をむしることで、草分け同胞は炎天下でホレホレしながら、望郷の念にかられ、耕地労働の辛さや日常生活の苦しみなどを歌にうたった。異国に幸せを求めて海を渡った無名の人びとの、炎天下のキビ畑で繰り広げられる血と汗と涙の物語。次代に伝えられるべき日系移民の大きな遺産――はじめての""ホレホレ節考""。太平洋時代に向けて、もっとハワイを知る本!

「ホレホレ・ソング(コミュニティ・ブックス)」の作品情報

レーベル
コミュニティ・ブックス
出版社
日本地域社会研究所
ジャンル
実用 歴史 社会
ページ数
245ページ (ホレホレ・ソング 哀歌でたどるハワイ移民の歴史)
配信開始日
2016年12月1日 (ホレホレ・ソング 哀歌でたどるハワイ移民の歴史)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad