電子書籍 幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで(講談社学術文庫) 実用

著: 橋本一夫 

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで あらすじ・内容

東京が招致しながら、自ら返上した1940年のオリンピック。「皇紀2600年記念」として構想されたこの大会は、招致のためのヒトラーやムソリーニとの取り引き、満洲事変への厳しい国際世論など、最初から戦争と政治に振り回された。また、「満州国」は参加できるのか、天皇の開会宣言は可能なのか、など問題山積みのまま、準備は遅れに遅れる。そんな中、招致に尽力したIOC委員・副島道正は「返上やむなし」と腹を決める。(講談社学術文庫)

この作品を共有

「幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで(講談社学術文庫)」を見ている人にこれもおすすめ

「幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで(講談社学術文庫)」最新巻

東京が招致しながら、自ら返上した1940年のオリンピック。「皇紀2600年記念」として構想されたこの大会は、招致のためのヒトラーやムソリーニとの取り引き、満洲事変への厳しい国際世論など、最初から戦争と政治に振り回された。また、「満州国」は参加できるのか、天皇の開会宣言は可能なのか、など問題山積みのまま、準備は遅れに遅れる。そんな中、招致に尽力したIOC委員・副島道正は「返上やむなし」と腹を決める。(講談社学術文庫)

「幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで(講談社学術文庫)」の作品情報

レーベル
講談社学術文庫
出版社
講談社
ジャンル
実用 スポーツ
ページ数
250ページ (幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで)
配信開始日
2014年2月28日 (幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad