電子書籍 平蔵(文春文庫) 文芸・小説

著: 逢坂剛 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

平蔵の首 あらすじ・内容

まったく新しい「鬼平」。ハードボイルド時代小説!

「平蔵の顔を見た者は、だれもいねぇのよ」。
盗賊・黒蝦蟇の麓蔵は復讐を遂げるため、いまは平蔵の手先となった女に案内を頼む(「平蔵の顔」)。
両国橋の界隈で、掏摸を働いていた姉弟に目をつけたところ、思わぬ大事件に巻き込まれる(「繭玉おりん」)。
火付盗賊改・長谷川平蔵のまったく新しい魅力を引き出した六編。
特別対談・佐々木譲
挿絵・中一弥

【目次】
「平蔵の顔」
「平蔵の首」
「お役者菊松」
「繭玉おりん」
「風雷小僧」
「野火止」

この作品を共有

「平蔵(文春文庫)」最新刊

悪い奴は誰も、その男の顔を知らない――
逢坂剛が描く〈火付盗賊改・長谷川平蔵〉シリーズ、第三弾。

不届きにも、「闇の平蔵」と名乗る者が現われた。
闇の平蔵は、「火盗改が、悪党どもを成敗処罰するのと引き換えに、
捕り方の役人を同じように成敗処罰する」と公言し、
火盗改や役人に強い遺恨を抱いている悪党を集めているという。
その噂を聞きつけた長谷川平蔵組の斧八は、「闇の平蔵」の人集めへ潜り込んだ。
「闇の平蔵」は、かつて、遊蕩していた頃の長谷川平蔵に何度も煮え湯を飲まされ、
恨みを抱いているという。そこに来ていた紅一点・可久は「闇の平蔵」に、
その話を信用してほしければ頭巾を脱いで顔を見せろ、
お前は実は長谷川平蔵なのではないか、と迫る。
闇の平蔵は頭巾を脱いだが、
手下の斧八でさえ長谷川平蔵の顔をまともに見たことはなく、
彼が長谷川平蔵なのかそうでないのか判断がつかない。
だが、可久は、「この男は本物の長谷川平蔵だ」と言い、闇の平蔵もそれを認める。
慌てた斧八だったが――(「闇の平蔵」)

表題作ほか、全六篇を収録。
長谷川平蔵に対抗心を抱く火盗改・松平左金吾が登場、
新たな手下・可久も加わり、物語はますます深みを増す。
まさに江戸を舞台にした潜入捜査。
悪党どころか、手下たちも顔を知らない男・長谷川平蔵のハードボイルドな活躍を描く。

※この電子書籍は2016年11月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

「平蔵(文春文庫)」作品一覧

(3冊)

612〜791(税込)

まとめてカート

まったく新しい「鬼平」。ハードボイルド時代小説!

「平蔵の顔を見た者は、だれもいねぇのよ」。
盗賊・黒蝦蟇の麓蔵は復讐を遂げるため、いまは平蔵の手先となった女に案内を頼む(「平蔵の顔」)。
両国橋の界隈で、掏摸を働いていた姉弟に目をつけたところ、思わぬ大事件に巻き込まれる(「繭玉おりん」)。
火付盗賊改・長谷川平蔵のまったく新しい魅力を引き出した六編。
特別対談・佐々木譲
挿絵・中一弥

【目次】
「平蔵の顔」
「平蔵の首」
「お役者菊松」
「繭玉おりん」
「風雷小僧」
「野火止」

第49回吉川英治文学賞受賞作! シリーズ第二弾!
父である「本所のへいぞう」を探すために、京から下ってきた女絵師。
果たして、この女は平蔵の娘なのか。まったく新しい鬼平の貌。

人前には自らの顔を決して見せない火付盗賊改の頭領、長谷川平蔵。
オランダ渡りの秘薬の謎を探り、盗賊を率いる父娘を追う。
ある日、自分の父であるという「本所のへいぞう」を訪ね、京から若い女絵師が下ってきた……。
ハードボイルドの調べに乗せて描く、逢坂版平蔵シリーズ第二弾!
特別対談・諸田玲子
挿画・中一弥

【目次】
「寄場の女」
「刀の錆」
「仏の玄庵」
「平蔵狩り」
「鬼殺し」
「黒法師」

悪い奴は誰も、その男の顔を知らない――
逢坂剛が描く〈火付盗賊改・長谷川平蔵〉シリーズ、第三弾。

不届きにも、「闇の平蔵」と名乗る者が現われた。
闇の平蔵は、「火盗改が、悪党どもを成敗処罰するのと引き換えに、
捕り方の役人を同じように成敗処罰する」と公言し、
火盗改や役人に強い遺恨を抱いている悪党を集めているという。
その噂を聞きつけた長谷川平蔵組の斧八は、「闇の平蔵」の人集めへ潜り込んだ。
「闇の平蔵」は、かつて、遊蕩していた頃の長谷川平蔵に何度も煮え湯を飲まされ、
恨みを抱いているという。そこに来ていた紅一点・可久は「闇の平蔵」に、
その話を信用してほしければ頭巾を脱いで顔を見せろ、
お前は実は長谷川平蔵なのではないか、と迫る。
闇の平蔵は頭巾を脱いだが、
手下の斧八でさえ長谷川平蔵の顔をまともに見たことはなく、
彼が長谷川平蔵なのかそうでないのか判断がつかない。
だが、可久は、「この男は本物の長谷川平蔵だ」と言い、闇の平蔵もそれを認める。
慌てた斧八だったが――(「闇の平蔵」)

表題作ほか、全六篇を収録。
長谷川平蔵に対抗心を抱く火盗改・松平左金吾が登場、
新たな手下・可久も加わり、物語はますます深みを増す。
まさに江戸を舞台にした潜入捜査。
悪党どころか、手下たちも顔を知らない男・長谷川平蔵のハードボイルドな活躍を描く。

※この電子書籍は2016年11月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

「平蔵(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 時代小説 歴史
ページ数
357ページ (平蔵の首)
配信開始日
2016年12月2日 (平蔵の首)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad