電子書籍 週刊東洋経済 実用

編: 週刊東洋経済編集部 
みんなの★
3.3

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

週刊東洋経済臨時増刊 生保・損保特集 2020年版 あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【ご注意ください!】
・本コンテンツは冊子版を電子化した大型電子雑誌です。ご利用いただく環境によっては、ダウンロードに時間がかかったり、一部ページの濃淡が明瞭でない場合がございますが、あらかじめご了承ください。
・本コンテンツに社名や収録情報での検索機能はございません。巻頭の五十音順索引ページまたは本社所在地索引から、各社の掲載ページを探してください。

今年の「生保・損保特集号」は『コロナが問う保険業の存在価値』と題して、世界に蔓延している新型コロナウィルス感染症が、日本の生保・損保業界に与えた影響や、業務や働き方の変化などについて考察しています。

保険会社に与えた影響で最も大きいのは、従来のような「対面営業」が難しくなったことです。コロナへの感染拡大防止のため、人々の非対面・非接触ニーズが高まっています。対面販売が中心の保険会社にとっては、それはビジネスモデルの転換を迫られていることを意味します。

特に国内生命保険会社は営業職員チャネルが主軸であり、4~5月の緊急事態宣言下では新規の保険営業がほぼストップしました。

解決のカギとなるのは「デジタル技術の活用」です。多くの会社ではWeb会議システムによる非接触の保険営業の開始に加えて、非対面でのネット契約が可能なシステム構築に着手しています。

「特集I」では、生保の営業スタイルの改革と、デジタル営業浸透に向けた試行錯誤の様子を6ページの特集でリポートしています。

一方、損害保険会社は、生保会社以上にデジタル活用に積極的です。今回のコロナによってその動きが加速することは間違いありません。「特集II」では、3メガ損保のデジタル技術の現状とその可能性について、具体的な活用事例を交えながら紹介しています。

「特集III」は、生保・損保会社の合計の会社数をしのぐ、100社を超えて急成長中の少額短期保険事業者にスポットを当てました。急拡大するあまり、経営や事業活動における課題が露呈しています。大手生保会社グループによる少額短期保険事業者の買収事例など、ホットなトピックスも盛り込んで、計7ページの大特集です。

この作品を共有

「週刊東洋経済」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【ご注意ください!】
・本コンテンツは冊子版を電子化した大型電子雑誌です。ご利用いただく環境によっては、ダウンロードに時間がかかったり、一部ページの濃淡が明瞭でない場合がございますが、あらかじめご了承ください。
・本コンテンツに社名や収録情報での検索機能はございません。巻頭の五十音順索引ページまたは本社所在地索引から、各社の掲載ページを探してください。

今年の「生保・損保特集号」は『コロナが問う保険業の存在価値』と題して、世界に蔓延している新型コロナウィルス感染症が、日本の生保・損保業界に与えた影響や、業務や働き方の変化などについて考察しています。

保険会社に与えた影響で最も大きいのは、従来のような「対面営業」が難しくなったことです。コロナへの感染拡大防止のため、人々の非対面・非接触ニーズが高まっています。対面販売が中心の保険会社にとっては、それはビジネスモデルの転換を迫られていることを意味します。

特に国内生命保険会社は営業職員チャネルが主軸であり、4~5月の緊急事態宣言下では新規の保険営業がほぼストップしました。

解決のカギとなるのは「デジタル技術の活用」です。多くの会社ではWeb会議システムによる非接触の保険営業の開始に加えて、非対面でのネット契約が可能なシステム構築に着手しています。

「特集I」では、生保の営業スタイルの改革と、デジタル営業浸透に向けた試行錯誤の様子を6ページの特集でリポートしています。

一方、損害保険会社は、生保会社以上にデジタル活用に積極的です。今回のコロナによってその動きが加速することは間違いありません。「特集II」では、3メガ損保のデジタル技術の現状とその可能性について、具体的な活用事例を交えながら紹介しています。

「特集III」は、生保・損保会社の合計の会社数をしのぐ、100社を超えて急成長中の少額短期保険事業者にスポットを当てました。急拡大するあまり、経営や事業活動における課題が露呈しています。大手生保会社グループによる少額短期保険事業者の買収事例など、ホットなトピックスも盛り込んで、計7ページの大特集です。

「週刊東洋経済」作品一覧

(413冊)

612〜1,222(税込)

まとめてカート

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【ご注意ください!】
・本コンテンツは冊子版を電子化した大型電子雑誌です。ご利用いただく環境によっては、ダウンロードに時間がかかったり、一部ページの濃淡が明瞭でない場合がございますが、あらかじめご了承ください。
・本コンテンツに社名や収録情報での検索機能はございません。巻頭の五十音順索引ページまたは本社所在地索引から、各社の掲載ページを探してください。

今年の「生保・損保特集号」は『コロナが問う保険業の存在価値』と題して、世界に蔓延している新型コロナウィルス感染症が、日本の生保・損保業界に与えた影響や、業務や働き方の変化などについて考察しています。

保険会社に与えた影響で最も大きいのは、従来のような「対面営業」が難しくなったことです。コロナへの感染拡大防止のため、人々の非対面・非接触ニーズが高まっています。対面販売が中心の保険会社にとっては、それはビジネスモデルの転換を迫られていることを意味します。

特に国内生命保険会社は営業職員チャネルが主軸であり、4~5月の緊急事態宣言下では新規の保険営業がほぼストップしました。

解決のカギとなるのは「デジタル技術の活用」です。多くの会社ではWeb会議システムによる非接触の保険営業の開始に加えて、非対面でのネット契約が可能なシステム構築に着手しています。

「特集I」では、生保の営業スタイルの改革と、デジタル営業浸透に向けた試行錯誤の様子を6ページの特集でリポートしています。

一方、損害保険会社は、生保会社以上にデジタル活用に積極的です。今回のコロナによってその動きが加速することは間違いありません。「特集II」では、3メガ損保のデジタル技術の現状とその可能性について、具体的な活用事例を交えながら紹介しています。

「特集III」は、生保・損保会社の合計の会社数をしのぐ、100社を超えて急成長中の少額短期保険事業者にスポットを当てました。急拡大するあまり、経営や事業活動における課題が露呈しています。大手生保会社グループによる少額短期保険事業者の買収事例など、ホットなトピックスも盛り込んで、計7ページの大特集です。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【第1特集】ベストブック2021 「未来を知る」ための読書案内
[図解]「未来年表」2021年→205X年
「未来予測本」ランキング 1位 『2030年』著者インタビュー ピーター・ディアマンディス/2位 『2040年の未来予測』著者インタビュー 成毛 眞
「未来予測本」名著ランキング
未来がわかる10テーマ×3冊
25冊のロングセラーがズラリ 「教養書」名著ランキング
本読みの“達人” 内田 樹が薦める いま読むべき10冊の教養書
マンガから読む未来
「経済・経営書」ランキング 1位 『日本のセーフティーネット格差』著者インタビュー 酒井 正/1位 『ポール・ローマーと経済成長の謎』著者インタビュー デヴィッド・ウォルシュ
経済学者・エコノミストが選ぶ 経済・経営書の名著
本読みの“巨人” 池上 彰が薦める ビジネスパーソン必読の7冊はこれだ!
「ビジネス書」ランキング 1位 『独学大全』著者インタビュー 読書猿
書店員が選ぶベストブックランキング
経済書、ビジネス書、ノンフィクション本対象の19賞 2018~20年 受賞作一覧

付録
[超要約版]LIFESPAN 老いなき世界 老化は治療できる病気

連載
|経済を見る眼|苅谷剛彦
|ニュースの核心|山田雄大
|編集部から|
|ニュース最前線|
|発見! 成長企業|アルファポリス
|会社四季報 注目決算|
|トップに直撃|トップに直撃 リコー 社長 山下良則
|フォーカス政治|山口二郎
|グローバル・アイ|ジム・オニール
|INSIDE USA|安井明彦
|中国動態|富坂 聰
|財新|
|マネー潮流|木内登英
|少数異見|
|企業事件簿|高橋篤史
|知の技法 出世の作法|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|嶋本大地
|リーダーのためのDX 超入門|山本康正
|経済クロスワード|
|人が集まる街 逃げる街|牧野知弘
|ゴルフざんまい|三田村昌鳳
|読者の手紙 次号予告|

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【第1特集】コロナでもブームは過熱中 不動産投資 天国と地獄
[図解] 不動産投資市場を読み解く 3つの視点
Part1 コロナ禍での投資市場
若者層もじわり増加中 不動産投資家のリアル
コロナが人の流れを変えた 賃貸「繁忙期」に異状あり
上陸から2年、「OYO」の誤算
1棟物件のフルローンは困難に 銀行融資「狭き門」の突破法
スルガ銀行、水面下での変節
専門家に聞く コロナ禍での投資の焦点
最新 高利回りを狙えるエリアはここだ!
Part2 不動産投資の光と影
賃貸市場で生き残るには アパート投資で勝つ方法
新法きっかけにトラブル噴出サブリース まさかの盲点 「弱者に付け込む理不尽」 サブリース被害対策弁護団長 三浦直樹
不動産オーナー・サブリース会社元社員 座談会 「僕らがはまった落とし穴」
シェアハウス騒動 借金帳消しで解決へ
Part3 不動産投資の極意
利回りだけを見ていてはダメ 借金を使いこなせ
すご腕投資家に学ぶ 不動産投資の勘所
今さら聞けない税金のイロハ 節税Q&A
顔認証をフル導入したマンションも 「テック」を活用し空室対策
AIで10年後を予測 資産価値が「落ちやすい駅」「落ちにくい駅」
不動産サイト「徹底」活用術
IoTで旧TATERUは復活できるか
[10年前比] 2021年 住宅地騰落率ランキング 東京圏 上昇70・下落50/大阪圏 上昇20/名古屋圏 上昇20

巻頭リポート
株価ユーフォリアと超富裕層マネー アルケゴス騒動を読み解く
アルケゴスを動かす「すご腕」の意外な横顔

連載
|経済を見る眼|早川英男
|ニュースの核心|福田恵介
|編集部から|
|ニュース最前線|
|発見! 成長企業|三井ハイテック
|会社四季報 注目決算|
|トップに直撃|東芝社長兼CEO 車谷暢昭(4月14日辞任)
|フォーカス政治|歳川隆雄
|グローバル・アイ|ケネス・ロゴフ
|INSIDE USA|ジェームズ・ショフ
|中国動態|益尾知佐子
|財新|
|マネー潮流|森田長太郎
|少数異見|
|企業事件簿|高橋篤史
|知の技法 出世の作法|佐藤 優
|経済学者が読み解く 現代社会のリアル|伊藤公一朗
|リーダーのためのDX 超入門|山本康正
|話題の本|『もし、アドラーが「しゅうかつ」をしたら』著者 長田邦博氏に聞く ほか
|経済クロスワード|
|人が集まる街 逃げる街|牧野知弘
|読者の手紙 次号予告|

「週刊東洋経済」のおすすめコメント

週刊東洋経済臨時増刊 鉄道完全解明2015年版 編集部(週刊東洋経済) 登録日:2015/01/01

2015年は、北陸新幹線の開業、豪華寝台「トワイライトエクスプレス」の運行終了、上野東京ラインの開通、中央リニア新幹線の着工など、鉄道関連の話題が目白押しでした。 この「2015年版」と、2016年4月下旬発売予定の「2016年版」を一緒に読めば、楽しさ倍増です!

週刊東洋経済臨時増刊 「鉄道」全真相2016 電子書籍担当(東洋経済新報社 出版局) 登録日:2016/10/06

これを読まずして日本の鉄道・交通は語れない!

2011年に臨時増刊で創刊した『週刊東洋経済 鉄道完全解明』の最新版! 北海道・北陸・エヴァ新幹線の最新情報に、続々登場する観光列車や「京都鉄道博物館」完成までの舞台裏、羽田アクセス新線の動向、さらに人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」に見る地方交通の現実など、どなたでも楽しめる記事が満載です。

「週刊東洋経済」のおすすめ情報

「週刊東洋経済」の作品情報

レーベル
週刊東洋経済
出版社
東洋経済新報社
ジャンル
実用 雑誌 ビジネス ニュース・週刊誌 シリーズ予約
ページ数
130ページ (週刊東洋経済臨時増刊 生保・損保特集 2020年版)
配信開始日
2020年10月26日 (週刊東洋経済臨時増刊 生保・損保特集 2020年版)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad