電子書籍 「弥勒」シリーズ 文芸

著: あさのあつこ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

花を呑む あらすじ・内容

同心・木暮信次郎と岡っ引・伊佐治は、油問屋・東海屋五平が妾のお宮から怨み殺されたと噂される奇妙な事件の真相を探る。五平の口には深紅の牡丹が詰められ、傍らには上物の紅が転がっていた。それは、正妻お栄が、清之介の商いする遠野屋から買い求めた品だった。信次郎と清之介。思わず息を潜めてしまう、因縁の二人。彼らの中に巣くう何かが、江戸に死を手繰り寄せる。疼く、痺れる、突き刺さる、「弥勒シリーズ」最新刊!!

この作品を共有

「「弥勒」シリーズ」最新刊

北町奉行所定町廻り同心、木暮信次郎が腹を刺された。信次郎から手札を預かる岡っ引の伊佐治、信次郎と旧知の小間物問屋・遠野屋清之介に衝撃が走る。襲った男は遺体で大川に上がる。背後で糸を引く黒幕は何者なのか。深まる謎のなかで見えてきたのは、信次郎の父親・右衛門の衝撃の「過去」だった――。あさのあつこの代表時代小説シリーズ、衝撃の第六弾!

「「弥勒」シリーズ」作品一覧

(2冊)

650円〜1,200円(+税)

まとめてカート

同心・木暮信次郎と岡っ引・伊佐治は、油問屋・東海屋五平が妾のお宮から怨み殺されたと噂される奇妙な事件の真相を探る。五平の口には深紅の牡丹が詰められ、傍らには上物の紅が転がっていた。それは、正妻お栄が、清之介の商いする遠野屋から買い求めた品だった。信次郎と清之介。思わず息を潜めてしまう、因縁の二人。彼らの中に巣くう何かが、江戸に死を手繰り寄せる。疼く、痺れる、突き刺さる、「弥勒シリーズ」最新刊!!

北町奉行所定町廻り同心、木暮信次郎が腹を刺された。信次郎から手札を預かる岡っ引の伊佐治、信次郎と旧知の小間物問屋・遠野屋清之介に衝撃が走る。襲った男は遺体で大川に上がる。背後で糸を引く黒幕は何者なのか。深まる謎のなかで見えてきたのは、信次郎の父親・右衛門の衝撃の「過去」だった――。あさのあつこの代表時代小説シリーズ、衝撃の第六弾!

「「弥勒」シリーズ」の作品情報

レーベル
――
出版社
光文社
ジャンル
文芸 時代小説 歴史
ページ数
306ページ (花を呑む)
配信開始日
2017年1月20日 (花を呑む)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad