電子書籍 羊ケ森のひみつ 文芸

原作: 高橋美幸  イラスト: Fuzzy 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

羊ケ森のひみつ〈巻の一〉荒ぶる眠り神 あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

悠人は、住みなれた東京をはなれ、母親の実家の「羊ケ森」で暮らすことになる。そこは、見わたすかぎり、大きな森と田畑ばかりがつづく土地だった。田舎の生活にうんざりする悠人に、同級生の瑞穂が、不可解な言動でさらに追い討ちをかける。この羊ケ森には、いったいどんな秘密がかくされているのか…。

この作品を共有

「羊ケ森のひみつ」最新巻

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

悠人と瑞穂は、クラスで飼うことになった二ひきウサギの、世話係をおしつけられる。ところがある日、そのうちの一ぴきが死んでしまう。何者かが、のみ水に農薬をまぜこんだのだ。ウサギ殺しの犯人だと疑われる瑞穂だが、ウサギ小屋の近くに張り込み、真犯人をあばくことに成功する。しかし、その真犯人とは…。

「羊ケ森のひみつ」作品一覧

(3冊)

各585円 (+税)

まとめてカート

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

悠人は、住みなれた東京をはなれ、母親の実家の「羊ケ森」で暮らすことになる。そこは、見わたすかぎり、大きな森と田畑ばかりがつづく土地だった。田舎の生活にうんざりする悠人に、同級生の瑞穂が、不可解な言動でさらに追い討ちをかける。この羊ケ森には、いったいどんな秘密がかくされているのか…。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

代用の養護教諭として、羊ケ森小学校にやって来た、吉田彩音先生。美しく、だれに対しても誠実に接する彩音先生は、たちまち学校中の人気者になる。だが、ある日、悠人のクラスのボス、ドロメタが、彩音先生の悪いうわさを、ふれまわる。前の学校で、ひとりの男子を自殺に追い込んだというのだ…。

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

悠人と瑞穂は、クラスで飼うことになった二ひきウサギの、世話係をおしつけられる。ところがある日、そのうちの一ぴきが死んでしまう。何者かが、のみ水に農薬をまぜこんだのだ。ウサギ殺しの犯人だと疑われる瑞穂だが、ウサギ小屋の近くに張り込み、真犯人をあばくことに成功する。しかし、その真犯人とは…。

「羊ケ森のひみつ」の作品情報

レーベル
――
出版社
くもん出版
ジャンル
文芸 児童文学・童話・絵本
ページ数
176ページ (羊ケ森のひみつ〈巻の一〉荒ぶる眠り神)
配信開始日
2016年12月27日 (羊ケ森のひみつ〈巻の一〉荒ぶる眠り神)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad