電子書籍 日本の私鉄 実用

著: 広岡友紀 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

日本の私鉄 相模鉄道 あらすじ・内容

荒地だった横浜駅西口を独力で開発した構想力、独自の技術が光る車両、
そしてJR、東急に乗り入れ都心への直通を目指す相鉄の過去と未来が一冊に。

この作品を共有

「日本の私鉄」最新巻

フルモデルチェンジを重ねる斬新な車両と名車の誉れ高い2000系。京都情緒あふれる駅名など、鉄道ファンに人気の京阪に関する情報を満載。 <目次>まえがき1 京阪電気鉄道のプロフィール2 京阪電気鉄道の歴史3 京阪電車の「装い」に賛否あり4 京阪電気鉄道の車両5 京阪グループ6 京阪の風情7 ロマンスカーの元祖「京阪」8 京阪と東洋電機──電力回生ブレーキについて9 京阪特急の系譜あとがき

「日本の私鉄」作品一覧

(10冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

荒地だった横浜駅西口を独力で開発した構想力、独自の技術が光る車両、
そしてJR、東急に乗り入れ都心への直通を目指す相鉄の過去と未来が一冊に。

0系新幹線のモデルとなったロマンスカー秘史、西武との箱根開発戦争、
幻の林間都市計画、創業時から高速鉄道として誕生した私鉄の雄・小田急の魅力が一冊に結集。

一都五県、関東平野を疾走する東武鉄道。
路線長・民鉄第二位、池袋と浅草の二つのターミナルと東上線と伊勢崎線の相違、
東京スカイツリーの事業主体として注目の東武鉄道の歴史。

「日本の私鉄」の作品情報

レーベル
――
出版社
毎日新聞出版
ジャンル
実用 鉄道
ページ数
178ページ (日本の私鉄 相模鉄道)
配信開始日
2013年10月10日 (日本の私鉄 相模鉄道)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad