電子書籍 井深大がめざしたソニーの社会貢献 実用

著: 宮本喜一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

井深大がめざしたソニーの社会貢献 あらすじ・内容

井深大といえばソニー、ソニーといえばテープレコーダー、トランジスタラジオ、家庭用VTRベータマックス、そして「ウォークマン」などなど、時代の最先端を行く製品を創造してきた。だから、ソニーの生みの親である井深大が“経営者”として、また“開拓者”として高く評価されているのは当然のことだ。しかし、井深の“開拓者”には、これとは違った一面がある。それは、企業というのは、「本来的に世のため人のためにある」という哲学をいち早く実践した“開拓者”という側面だ。昨今、企業の社会的責任(CSR)が世の常識になってきたが、本書は、井深大が世のため人のために、何を考え、何を実行し、そして、何をめざしていたのかを検証することによって、世界のソニーの原点を探ったものである。

この作品を共有

「井深大がめざしたソニーの社会貢献」最新巻

井深大といえばソニー、ソニーといえばテープレコーダー、トランジスタラジオ、家庭用VTRベータマックス、そして「ウォークマン」などなど、時代の最先端を行く製品を創造してきた。だから、ソニーの生みの親である井深大が“経営者”として、また“開拓者”として高く評価されているのは当然のことだ。しかし、井深の“開拓者”には、これとは違った一面がある。それは、企業というのは、「本来的に世のため人のためにある」という哲学をいち早く実践した“開拓者”という側面だ。昨今、企業の社会的責任(CSR)が世の常識になってきたが、本書は、井深大が世のため人のために、何を考え、何を実行し、そして、何をめざしていたのかを検証することによって、世界のソニーの原点を探ったものである。

「井深大がめざしたソニーの社会貢献」の作品情報

レーベル
――
出版社
ワック
ジャンル
実用
配信開始日
2016年12月27日 (井深大がめざしたソニーの社会貢献)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad