電子書籍 連翹 文芸

著: 二宮陸雄 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

連翹 あらすじ・内容

江戸末期、新しい医学への偏見と無理解、漢方医との相剋、自身の内なる葛藤。西洋医学の研究と普及に情熱を燃やした若き医学者たちの姿を医師である著者が生き生きと描く。

この作品を共有

「連翹」最新刊

江戸末期、新しい医学への偏見と無理解、漢方医との相剋、自身の内なる葛藤。西洋医学の研究と普及に情熱を燃やした若き医学者たちの姿を医師である著者が生き生きと描く。

「連翹」の作品情報

レーベル
――
出版社
愛育社
ジャンル
文芸 時代小説 歴史
ページ数
251ページ (連翹)
配信開始日
2016年12月27日 (連翹)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad