電子書籍 まちづくり条例の実態と理論--都市計画法制の補完から自治の手だてへ- 実用

著: 内海麻利 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

まちづくり条例の実態と理論--都市計画法制の補完から自治の手だてへ- あらすじ・内容

まちづくり条例の制定に現場で関わってきた著者が多数の事例を分析、「自治」の視点から理論的に考察。条例の役割が都市計画行政の枠を超えて広がる中、新しい地域の仕組みとして効果的に機能させるために必要なポイントを明らかにする。日本公共政策学会2011年度学会賞(著作賞)受賞。

この作品を共有

「まちづくり条例の実態と理論--都市計画法制の補完から自治の手だてへ-」最新巻

まちづくり条例の制定に現場で関わってきた著者が多数の事例を分析、「自治」の視点から理論的に考察。条例の役割が都市計画行政の枠を超えて広がる中、新しい地域の仕組みとして効果的に機能させるために必要なポイントを明らかにする。日本公共政策学会2011年度学会賞(著作賞)受賞。

「まちづくり条例の実態と理論--都市計画法制の補完から自治の手だてへ-」の作品情報

レーベル
――
出版社
第一法規
ジャンル
実用 政治 社会
ページ数
488ページ (まちづくり条例の実態と理論--都市計画法制の補完から自治の手だてへ-)
配信開始日
2016年12月27日 (まちづくり条例の実態と理論--都市計画法制の補完から自治の手だてへ-)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad