電子書籍 地方公共団体における人事評価システムのあり方 実用

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

地方公共団体における人事評価システムのあり方 あらすじ・内容

「地方行政運営研究会第18次公務能率研究部会」(総務省設置)が、人事評価システム導入に関して(1)論点整理(2)先進的な地方公共団体の事例を踏まえた「モデル」例についてまとめた報告書を元に編集。報告書の各章冒頭に「本章のポイント」をまとめ、報告書本文を掲載している。

この作品を共有

「地方公共団体における人事評価システムのあり方」最新刊

「地方行政運営研究会第18次公務能率研究部会」(総務省設置)が、人事評価システム導入に関して(1)論点整理(2)先進的な地方公共団体の事例を踏まえた「モデル」例についてまとめた報告書を元に編集。報告書の各章冒頭に「本章のポイント」をまとめ、報告書本文を掲載している。

「地方公共団体における人事評価システムのあり方」の作品情報

レーベル
――
出版社
第一法規
ジャンル
実用 政治 ビジネス 社会
ページ数
279ページ (地方公共団体における人事評価システムのあり方)
配信開始日
2016年12月27日 (地方公共団体における人事評価システムのあり方)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad