電子書籍 探偵は女手ひとつ 文芸

著: 深町秋生 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

探偵は女手ひとつ あらすじ・内容

椎名留美は娘とふたり暮らし、山形市で探偵をしている――とはいうものの、仕事のほとんどは便利屋の範疇だ。パチンコ店の並び代行、買い物難民と化した高齢者のおつかい、デリヘルの女の子の送迎などなど。シーズンを迎えさくらんぼ農家の手伝いをする留美に、元の上司である警察署長から、さくらんぼ窃盗犯を突き止めて欲しいという依頼が入ったのだが……。過疎にあえぐ地方都市、クールでタフな女探偵。これがリアルだ!

この作品を共有

「探偵は女手ひとつ」最新巻

椎名留美は娘とふたり暮らし、山形市で探偵をしている――とはいうものの、仕事のほとんどは便利屋の範疇だ。パチンコ店の並び代行、買い物難民と化した高齢者のおつかい、デリヘルの女の子の送迎などなど。シーズンを迎えさくらんぼ農家の手伝いをする留美に、元の上司である警察署長から、さくらんぼ窃盗犯を突き止めて欲しいという依頼が入ったのだが……。過疎にあえぐ地方都市、クールでタフな女探偵。これがリアルだ!

「探偵は女手ひとつ」の作品情報

レーベル
――
出版社
光文社
ジャンル
文芸 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
254ページ (探偵は女手ひとつ)
配信開始日
2016年12月23日 (探偵は女手ひとつ)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad