電子書籍 10分で読めるシリーズ 実用

著者: 内山健太  著者: MBビジネス研究班 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

予約

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

統合失調症には居場所作りが大切!居場所がないなら作ってしまおう! あらすじ・内容

さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)

【書籍説明】

私は統合失調症を患い八年目になります。既に症状は安定し、薬を服薬している限り、普通の人と同じような生活ができるくらいまで回復しています。

統合失調症は百人に一人が罹患する病気であり、決して珍しくはありません。

しかし、まだまだ偏見も多いようです。

統合失調症になると、治療のために会社や学校を辞めたり、休んだりするケースが増えます。

必然的に居場所が限定化され、それが原因で塞ぎ込んでしまう場合があります。

例え病気になっても、自分が心地いいと思える居場所作りは大切なのです。

私は統合失調症になり、一時期居場所を失っていました。

ですから、病気を患い、居場所がないと感じている人の気持ちがよくわかります。

今回は統合失調症の居場所作りとして、私が利用してきた居場所を紹介しながら、居場所作りの方法を解説します。

自分の居場所があれば、治療はもっと効果的に進みます。

日々の居場所作りに困っているかたは、ぜひ本書を利用してみてください。

【目次】
なぜ、治療に居場所が必要なのか?
まずは身近な場所で居場所を探そう
慣れてきたら少しずつ時間を伸ばそう
医療機関を利用するという手もあり
一人で自由に過ごしたいかたにおすすめの居場所
家から出たくない!そんなときは
まとめ 居場所を作って治療を進めよう


【著者紹介】
内山健太(ウチヤマケンタ)
1985年… 以上まえがきより抜粋

この作品を共有

「10分で読めるシリーズ」最新刊

さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)

【書籍説明】

私は統合失調症を患い八年目になります。既に症状は安定し、薬を服薬している限り、普通の人と同じような生活ができるくらいまで回復しています。

統合失調症は百人に一人が罹患する病気であり、決して珍しくはありません。

しかし、まだまだ偏見も多いようです。

統合失調症になると、治療のために会社や学校を辞めたり、休んだりするケースが増えます。

必然的に居場所が限定化され、それが原因で塞ぎ込んでしまう場合があります。

例え病気になっても、自分が心地いいと思える居場所作りは大切なのです。

私は統合失調症になり、一時期居場所を失っていました。

ですから、病気を患い、居場所がないと感じている人の気持ちがよくわかります。

今回は統合失調症の居場所作りとして、私が利用してきた居場所を紹介しながら、居場所作りの方法を解説します。

自分の居場所があれば、治療はもっと効果的に進みます。

日々の居場所作りに困っているかたは、ぜひ本書を利用してみてください。

【目次】
なぜ、治療に居場所が必要なのか?
まずは身近な場所で居場所を探そう
慣れてきたら少しずつ時間を伸ばそう
医療機関を利用するという手もあり
一人で自由に過ごしたいかたにおすすめの居場所
家から出たくない!そんなときは
まとめ 居場所を作って治療を進めよう


【著者紹介】
内山健太(ウチヤマケンタ)
1985年… 以上まえがきより抜粋

「10分で読めるシリーズ」作品一覧

(1256冊)

93円〜499円(+税)

まとめてカート

さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)

【書籍説明】

私は統合失調症を患い八年目になります。既に症状は安定し、薬を服薬している限り、普通の人と同じような生活ができるくらいまで回復しています。

統合失調症は百人に一人が罹患する病気であり、決して珍しくはありません。

しかし、まだまだ偏見も多いようです。

統合失調症になると、治療のために会社や学校を辞めたり、休んだりするケースが増えます。

必然的に居場所が限定化され、それが原因で塞ぎ込んでしまう場合があります。

例え病気になっても、自分が心地いいと思える居場所作りは大切なのです。

私は統合失調症になり、一時期居場所を失っていました。

ですから、病気を患い、居場所がないと感じている人の気持ちがよくわかります。

今回は統合失調症の居場所作りとして、私が利用してきた居場所を紹介しながら、居場所作りの方法を解説します。

自分の居場所があれば、治療はもっと効果的に進みます。

日々の居場所作りに困っているかたは、ぜひ本書を利用してみてください。

【目次】
なぜ、治療に居場所が必要なのか?
まずは身近な場所で居場所を探そう
慣れてきたら少しずつ時間を伸ばそう
医療機関を利用するという手もあり
一人で自由に過ごしたいかたにおすすめの居場所
家から出たくない!そんなときは
まとめ 居場所を作って治療を進めよう


【著者紹介】
内山健太(ウチヤマケンタ)
1985年… 以上まえがきより抜粋

さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)

【書籍説明】

うつ病は現代の日本人にとって身近で誰にでも起こりうる病気であるにも関わらず、今もなお「うつ病など根性が足りない証拠」などと言う馬鹿がまだ存在する。

うつ病をはじめとする気分障害は、根性では決して解決することができない深刻な病気なのだ。

では、もし自分の大切な家族がうつ病になってしまったら?

うつ病やその他の気分障害は、昨日まで元気に笑っていた人が次の日にいきなりうつ病になってしまっているというわけではない。

必ず進行する過程があり、早く手を打てばうつ病にまで発展させずに済む。

予防ができるのだ。

今回は深刻なうつ病になる前に、家族ができる予防について執筆する。


【目次】
どういった病気なのか
主にみられる症状・サイン
病院へ行くという選択
気づいたことからメモしておく
普段からのコミュニケーション
素人判断はNG
普段の生活の中で大切なこと


【著者紹介】
ぴかぴかりん(ぴかぴかりん)
大学卒業後、一般企業で事務員を経験。
現在は専業主婦。
自分の経験をもとに人の役に立てる本を目指して執筆に奮闘中。
いつか自分の小説を執筆することを目標に経験を重ねている。
… 以上まえがきより抜粋

2018/11/19 (月) 00:00 配信予定

さっと読めるミニ書籍です(文章量9,000文字以上 10,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の18ページ程度)

【書籍説明】

中学生にもなれば、あんなに素直でかわいかった子どもに反抗期がやってくる。

反抗期の子どもには親は手を焼いてしまう。

子どもの反抗は、子どもの成長の証でもある。

そうは言っても毎日顔を合わせてはケンカになると疲れてしまう。


中学生は心身ともに成長が著しい。

体と心のバランスが取れなくても仕方がない。

中学生のこの時期は、小学生ではなかった部活動など家庭よりも学校生活の時間も多くなる。

また、卒業後の進路を考える大事な時期でもある。

進路についても、子どもとしっかりと話し合いをして考えていきたいものだ。

だが、反抗期の子どもが素直に親と進路について話をするのも困難だ。


幼い頃は帰宅するとすぐに、「お母さん!お母さん!」と足元でウロウロしながら様々な話をしてくれた。

そんな姿は反抗期の子どもにはない。

いつ帰ったのかわからないぐらいに黙って帰宅。

「ただいま~!」と元気に駆け込んで玄関の扉を開けていた日々が嘘のようだ。


「ただいまぐらい言えば?」と母。

「言ったし」と子ども。


そんな思春期の子どもと「上手く反抗期を乗り越える対処術!」で少しでもこの嵐を楽しんでみよう。

子どもの反抗期が修了した今だからこそ書けた対処術だ。


【目次】
【1】誰でも反抗期はある
【2】反抗期に終わりがある
【3】反抗期に禁… 以上まえがきより抜粋

「10分で読めるシリーズ」の作品情報

レーベル
――
出版社
まんがびと
ジャンル
実用 医学・薬学
配信開始日
2018年11月30日 (統合失調症には居場所作りが大切!居場所がないなら作ってしまおう!)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad