電子書籍 球場巡礼 追憶の聖地たち(ブックバーガープラス) 実用

著: 堀治喜 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

西宮球場 解体の現場で野辺の送りを あらすじ・内容

かつて阪急ブレーブスの本拠地であった西宮球場。球場を聖地と崇め巡礼をする著者と、阪急ブレーブス元チーフトレーナーの松元隆司氏が、西宮球場解体の現場を歩く。『初優勝 PLAYBACK1975.10.15―広島東洋カープがもっとも燃えた日。』『衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか? 』などの著者が送る渾身の野球エッセイ。

この作品を共有

「球場巡礼 追憶の聖地たち(ブックバーガープラス)」最新巻

かつて近鉄バファローズの本拠地であった藤井寺球場。2004年、球界再編の波にのまれた消滅が決定したバファローズとともに閉鎖が決定。藤井寺球場プロ公式最終戦は、ウェスタンリーグ優勝決定戦。その日球場に足を運んだ著者がはじめて書き下ろす藤井寺球場の最終戦秘話。『初優勝 PLAYBACK1975.10.15―広島東洋カープがもっとも燃えた日。』『衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか? 』などの著者が贈る渾身の野球エッセイ。

「球場巡礼 追憶の聖地たち(ブックバーガープラス)」作品一覧

(2冊)

各490円 (+税)

まとめてカート

かつて阪急ブレーブスの本拠地であった西宮球場。球場を聖地と崇め巡礼をする著者と、阪急ブレーブス元チーフトレーナーの松元隆司氏が、西宮球場解体の現場を歩く。『初優勝 PLAYBACK1975.10.15―広島東洋カープがもっとも燃えた日。』『衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか? 』などの著者が送る渾身の野球エッセイ。

かつて近鉄バファローズの本拠地であった藤井寺球場。2004年、球界再編の波にのまれた消滅が決定したバファローズとともに閉鎖が決定。藤井寺球場プロ公式最終戦は、ウェスタンリーグ優勝決定戦。その日球場に足を運んだ著者がはじめて書き下ろす藤井寺球場の最終戦秘話。『初優勝 PLAYBACK1975.10.15―広島東洋カープがもっとも燃えた日。』『衣笠祥雄は、なぜ監督になれないのか? 』などの著者が贈る渾身の野球エッセイ。

「球場巡礼 追憶の聖地たち(ブックバーガープラス)」の作品情報

レーベル
ブックバーガープラス
出版社
ブックバーガー
ジャンル
実用 めがイラスト エッセイ スポーツ
ページ数
33ページ (西宮球場 解体の現場で野辺の送りを)
配信開始日
2016年12月16日 (西宮球場 解体の現場で野辺の送りを)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad