電子書籍 あの日、殺された恋をもう一度。【フルカラー】 マンガ

著者: ひなた未夢 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

あの日、殺された恋をもう一度。【フルカラー】(1) あらすじ・内容

「お前の笑顔を取り戻したい」透明だった私を見つけ出してくれた彼。その瞳も、優しく触れる手も、私には思い出せないのに――私のあだ名は「幽霊ちゃん」。極端に存在感が薄くて、そこにいる事に誰にも気付いてもらえないから…そんな私の前に、見知らぬ男の子が現れた。私の存在をきちんと感じてくれて、ピンチの時にはいつも助けてくれる。けれど、記憶喪失の私は「あの頃のよく笑う鈴音が好きだったよ」と語る彼との日々が全く思い出せなくて…。

この作品を共有
  

「あの日、殺された恋をもう一度。【フルカラー】」最新刊

「お前の笑顔を取り戻したい」透明だった私を見つけ出してくれた彼。その瞳も、優しく触れる手も、私には思い出せないのに――私のあだ名は「幽霊ちゃん」。極端に存在感が薄くて、そこにいる事に誰にも気付いてもらえないから…そんな私の前に、見知らぬ男の子が現れた。私の存在をきちんと感じてくれて、ピンチの時にはいつも助けてくれる。けれど、記憶喪失の私は「あの頃のよく笑う鈴音が好きだったよ」と語る彼との日々が全く思い出せなくて…。

「あの日、殺された恋をもう一度。【フルカラー】」作品一覧

(4冊)

150円〜200円(+税)

まとめてカート

「お前の笑顔を取り戻したい」透明だった私を見つけ出してくれた彼。その瞳も、優しく触れる手も、私には思い出せないのに――私のあだ名は「幽霊ちゃん」。極端に存在感が薄くて、そこにいる事に誰にも気付いてもらえないから…そんな私の前に、見知らぬ男の子が現れた。私の存在をきちんと感じてくれて、ピンチの時にはいつも助けてくれる。けれど、記憶喪失の私は「あの頃のよく笑う鈴音が好きだったよ」と語る彼との日々が全く思い出せなくて…。

「お前の笑顔を取り戻したい」透明だった私を見つけ出してくれた彼。その瞳も、優しく触れる手も、私には思い出せないのに――私のあだ名は「幽霊ちゃん」。極端に存在感が薄くて、そこにいる事に誰にも気付いてもらえないから…そんな私の前に、見知らぬ男の子が現れた。私の存在をきちんと感じてくれて、ピンチの時にはいつも助けてくれる。けれど、記憶喪失の私は「あの頃のよく笑う鈴音が好きだったよ」と語る彼との日々が全く思い出せなくて…。

「お前の笑顔を取り戻したい」透明だった私を見つけ出してくれた彼。その瞳も、優しく触れる手も、私には思い出せないのに――私のあだ名は「幽霊ちゃん」。極端に存在感が薄くて、そこにいる事に誰にも気付いてもらえないから…そんな私の前に、見知らぬ男の子が現れた。私の存在をきちんと感じてくれて、ピンチの時にはいつも助けてくれる。けれど、記憶喪失の私は「あの頃のよく笑う鈴音が好きだったよ」と語る彼との日々が全く思い出せなくて…。

「あの日、殺された恋をもう一度。【フルカラー】」の作品情報

レーベル
COMIC維新★GIRLS
出版社
COMIC維新
ジャンル
マンガ 女性向け 女性マンガ 少女マンガ 恋愛 ミステリー・推理・サスペンス ファンタジー
ページ数
28ページ (あの日、殺された恋をもう一度。【フルカラー】(1))
配信開始日
2016年12月23日 (あの日、殺された恋をもう一度。【フルカラー】(1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad