電子書籍 警視正 椎名啓介(ぶんか社コミックス) マンガ

完結
著: やぶうちゆうき  原案: たかもちげん 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

警視正 椎名啓介 1 あらすじ・内容

大人気ドラマの原作作品続編が待望の電子書籍化!! 長きにわたり本池上署の署長としてさまざまな事件に取り組んできた椎名啓介は、突然警視庁に呼び出されて、病気で倒れた同期の出世頭、堂上の後任として、警視庁第一方面本部長就任を打診された。その裏には、十数年前に死んだ同じく椎名たちの同期、高杉が椎名だけに伝えたある「秘密」を巡る思惑があった。本池上を離れる決意をした椎名の闘いの場は、東京桜田門の警視庁へと移される!

この作品を共有
  

「警視正 椎名啓介(ぶんか社コミックス)」最新巻

大人気ドラマの原作作品続編が待望の電子書籍化!! 大好きな人々が笑顔で暮らせるため、今日も懸命に走り続ける椎名啓介。どんなに困難な事件が起きようとも、「できるかもしれませんよ」の一言で解決への道を照らし出す。そんな彼が紡ぐ明日はきっと、みんなが安心して暮らせる日々へと続く。

「警視正 椎名啓介(ぶんか社コミックス)」作品一覧

(14冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

大人気ドラマの原作作品続編が待望の電子書籍化!! 長きにわたり本池上署の署長としてさまざまな事件に取り組んできた椎名啓介は、突然警視庁に呼び出されて、病気で倒れた同期の出世頭、堂上の後任として、警視庁第一方面本部長就任を打診された。その裏には、十数年前に死んだ同じく椎名たちの同期、高杉が椎名だけに伝えたある「秘密」を巡る思惑があった。本池上を離れる決意をした椎名の闘いの場は、東京桜田門の警視庁へと移される!

大人気ドラマの原作作品続編が待望の電子書籍化!! かつて本池上署の「昼行灯署長」だった椎名啓介は、現在第一方面本部長として忙しい日々を送っていた。そんな中でも、彼は十数年前に死んだ同期の高杉大二郎の墓参りを欠かさないでいた。ある日訪れた高杉の墓前に、高杉から椎名だけに伝えられたある「秘密」を探る公安一課長日下が現れた。「秘密」の中身を椎名に問う日下。その答えは、死の直前に高杉に起きた出来事と、その祖父である高杉史郎が終戦直後にある人物と交わした約束の中にあった。

大人気ドラマの原作作品続編が待望の電子書籍化!! 本池上署の「昼行灯署長」だった椎名啓介は、椎名だけに伝えられたある「秘密」を巡る人々の思惑により、現在第一方面本部長に就任、多忙な日々を送っている。その自らの立場にとらわれない椎名の様々な働きは、とある人物の目にとまる。その人物とは、東京都知事・緒方洋子。椎名の手腕を知った彼女は、彼との接触を図る!

「警視正 椎名啓介(ぶんか社コミックス)」の作品情報

レーベル
ぶんか社コミックス
出版社
ぶんか社
ジャンル
マンガ 完結 男性向け ビジネス 青年マンガ
ページ数
209ページ (警視正 椎名啓介 1)
配信開始日
2016年12月22日 (警視正 椎名啓介 1)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad