電子書籍 IoT社会で役に立つ3つの流儀 知的創造でこれからの社会を生き抜く 実用

著: 星勉 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

IoT社会で役に立つ3つの流儀 知的創造でこれからの社会を生き抜く あらすじ・内容

今や日本の産業社会は中国や韓国から追いかけられるばかりか、むしろスマートフォンなど分野によっては大きく抜かれてしまった。こうした類のニュースがこれでもかと日々飛び込んで来る今日、我が国の経済のみならず、国際競争の中で生き残っていくために、ビジネスパーソン始め国民みんなが、生産性を上げ、より知的創造的に仕事をこなすことが求められる。そこで筆者が本書で提唱するのが、誰でもが持っていて誰でもが出来る知的創造方法である。誰でも持っている能力とは、(1)意味付与能力、(2)美的直感、(3)時間軸の3つの能力ことである。

この作品を共有

「IoT社会で役に立つ3つの流儀 知的創造でこれからの社会を生き抜く」最新巻

今や日本の産業社会は中国や韓国から追いかけられるばかりか、むしろスマートフォンなど分野によっては大きく抜かれてしまった。こうした類のニュースがこれでもかと日々飛び込んで来る今日、我が国の経済のみならず、国際競争の中で生き残っていくために、ビジネスパーソン始め国民みんなが、生産性を上げ、より知的創造的に仕事をこなすことが求められる。そこで筆者が本書で提唱するのが、誰でもが持っていて誰でもが出来る知的創造方法である。誰でも持っている能力とは、(1)意味付与能力、(2)美的直感、(3)時間軸の3つの能力ことである。

「IoT社会で役に立つ3つの流儀 知的創造でこれからの社会を生き抜く」の作品情報

レーベル
――
出版社
幻冬舎メディアコンサルティング
ジャンル
実用 ビジネス
ページ数
123ページ (IoT社会で役に立つ3つの流儀 知的創造でこれからの社会を生き抜く)
配信開始日
2016年12月23日 (IoT社会で役に立つ3つの流儀 知的創造でこれからの社会を生き抜く)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad