電子書籍 モンスター・クラーン(角川ビーンズ文庫) ラノベ

完結
著者: 結城光流  イラスト: 甘塩コメコ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

29ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

モンスター・クラーン 黄昏の標的 あらすじ・内容

「少年陰陽師」の結城光流が贈る、華麗なるヴァンピーア・レゲンデ開幕!!

昼と夜の狭間、黄昏の住人たち──モンスター。人間の少女・咲夜はモンスターを束ねるヴァンピーア一家に育てられた。しかし、彼女を疎んじる長老たちから、咲夜は一族として認められるための試練を与えられる。「血の掟に従い、血族を離反した異端者を狩れ」愛銃を手に、咲夜は朽ちた城砦に乗り込むが大ピンチに。そこに助けに現れたのは、十年前に離ればなれになった義兄・アベルで!? 結城光流が贈る、吸血鬼物語、開幕!

この作品を共有

「モンスター・クラーン(角川ビーンズ文庫)」最新巻

死んだと思われていた母親に、偶然再会した咲夜。しかし、彼女は咲夜に関する一切の記憶を失っていた! 悲痛に暮れる咲夜は、クライスの創始者の元へ連れて行かれるが、そこで衝撃的な事実を知ってしまい!? 電子版だけの特別短編、イラストギャラリーも収録!

「モンスター・クラーン(角川ビーンズ文庫)」作品一覧

(7冊)

500円〜580円(+税)

まとめてカート

昼と夜の狭間、黄昏の住人たち──モンスター。人間の少女・咲夜はモンスターを束ねるヴァンピーア一家に育てられた。しかし、彼女を疎んじる長老たちから、咲夜は一族として認められるための試練を与えられる。「血の掟に従い、血族を離反した異端者を狩れ」愛銃を手に、咲夜は朽ちた城砦に乗り込むが大ピンチに。そこに助けに現れたのは、十年前に離ればなれになった義兄・アベルで!? 結城光流が贈る、吸血鬼物語、開幕!

昼と夜の狭間、黄昏の住人たち──モンスター。目を見た者は石になるというメデューサの首がうめ込まれた秘宝「アテナの盾」が血族の城から盗まれ、時を同じくして住人が石化した村が見つかる。モンスターたちを束ねるヴァンピーア一家の人間の養女・咲夜は盾を盗んだ犯人が義兄・アベルの剣の師匠で、アベルが彼を狩る執行者になると知り、愛銃をたずさえ事件の調査に同行するが……!? 結城光流が贈る吸血鬼物語、第2弾!!

昼と夜の狭間、黄昏の住人たち──モンスター。豪華客船マリー・クリスティーネ号を探る血族のマーメイドが石化状態で発見され、吸血鬼一家の養女、咲夜が調査に行くことに。「この世の災厄」が眠っているというクリスティーネ号。そこで行われる海運会社の後継ぎの誕生パーティーに、血族の長カールの代理として咲夜は義兄アルベルトと、吸血鬼のトーゴたちと共に潜入するが──!? 結城光流が贈る、新たなる吸血鬼伝説!!

「モンスター・クラーン(角川ビーンズ文庫)」の作品情報

レーベル
角川ビーンズ文庫
出版社
KADOKAWA / 角川書店
ジャンル
ライトノベル 女性向け 完結 KADOKAWA(女性向け)
ページ数
236ページ (モンスター・クラーン 黄昏の標的)
配信開始日
2012年1月26日 (モンスター・クラーン 黄昏の標的)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad