電子書籍 2時間でざっくりつかむ! 中小企業の「人事・賃金制度」はじめに読む本 実用

著: 堀之内克彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

2時間でざっくりつかむ! 中小企業の「人事・賃金制度」はじめに読む本 あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

中小企業の社長さんにとっての最重要課題は、今も昔も「人・物・金」の3つ。
このうちの「人」を最大限に有効活用するには、人事制度や賃金制度の設計が鍵をにぎります。
人手不足の売り手市場になった現在、これらの制度を見直して、働く人にとっても、同時に経営側にとっても、ウィン・ウィンとなる制度設計が求められるようになっています。
2時間程度で、これまでの日本における人事・賃金制度の流れがざっくりとつかめると同時に、今後の人事・賃金制度改革の勘どころがわかるようになる1冊です!

この作品を共有

「2時間でざっくりつかむ! 中小企業の「人事・賃金制度」はじめに読む本」最新巻

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

中小企業の社長さんにとっての最重要課題は、今も昔も「人・物・金」の3つ。
このうちの「人」を最大限に有効活用するには、人事制度や賃金制度の設計が鍵をにぎります。
人手不足の売り手市場になった現在、これらの制度を見直して、働く人にとっても、同時に経営側にとっても、ウィン・ウィンとなる制度設計が求められるようになっています。
2時間程度で、これまでの日本における人事・賃金制度の流れがざっくりとつかめると同時に、今後の人事・賃金制度改革の勘どころがわかるようになる1冊です!

「2時間でざっくりつかむ! 中小企業の「人事・賃金制度」はじめに読む本」の作品情報

レーベル
――
出版社
すばる舎
ジャンル
実用
ページ数
194ページ (2時間でざっくりつかむ! 中小企業の「人事・賃金制度」はじめに読む本)
配信開始日
2016年12月23日 (2時間でざっくりつかむ! 中小企業の「人事・賃金制度」はじめに読む本)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad