電子書籍 ベレア家の愛の呪縛 文芸・小説

著者: ペニー・ジョーダン  翻訳者: 松本果蓮 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

鳥かごのシンデレラ あらすじ・内容

醜いあひるの子は知らなかった。彼女を求める、白鳥の情熱的な瞳を。

6年前に両親が亡くなってから、ベアトリスは夢をあきらめ、美しいがわがままなきょうだいを必死に育ててきた。そして彼らからの、使用人のような扱いに耐えていた。しかしある夜、妹にディナーの給仕をしているところを、富豪のエリオットにからかわれ、彼女はついに耐えられなくなる。きょうだいの中で一人だけ美しくないのが、そんなに悪いこと?屈辱と恥ずかしさから、ベアトリスがキッチンに逃げこんでも、追いかけてきたエリオットは“泣き顔まで醜い”とあざけった。ところが彼女が怒ると“かわいい君”と呼び、唇を奪って……。■2011年に惜しまれつつ亡くなった、ロマンスの女王ペニー・ジョーダン。彼女の幻の未邦訳4部作を刊行します。第1作のヒロインはベレア家でいちばん奥手なベアトリス。そんな彼女にエリオットはしびれを切らし、強引な方法で迫りますが……。

この作品を共有

「ベレア家の愛の呪縛」最新刊

ロージーは大おばを亡くし、遠縁の親戚の家に身を寄せていた。けれど家主との不倫を疑われて、思わずそこを飛び出してしまう。彼女は見知らぬ土地で、働き口もない不安から、偶然出会ったカラムという男性にすべてを打ち明けた。すると彼はロージーに仕事をくれたうえに、驚くべき提案をする。「僕が君の恋人のふりをし、不倫の疑いを晴らす」というのだ。カラムはどんな女性でも落とせないと評判の、冷ややかな男性だ。その彼のそばに昼は秘書として、夜は恋人としている……。男性恐怖症で、キスの経験もない私にできるかしら?■2011年に惜しまれつつ亡くなったペニー・ジョーダン。彼女の幻の未邦訳4部作も、ついに最終話を迎えました! 4作目のヒロイン、ロージーに仕掛けられた、やさしさという誘惑の罠。そこから逃れるには、彼女はあまりにも男性を知らなさすぎて……。

「ベレア家の愛の呪縛」作品一覧

(4冊)

各648(税込)

まとめてカート

6年前に両親が亡くなってから、ベアトリスは夢をあきらめ、美しいがわがままなきょうだいを必死に育ててきた。そして彼らからの、使用人のような扱いに耐えていた。しかしある夜、妹にディナーの給仕をしているところを、富豪のエリオットにからかわれ、彼女はついに耐えられなくなる。きょうだいの中で一人だけ美しくないのが、そんなに悪いこと?屈辱と恥ずかしさから、ベアトリスがキッチンに逃げこんでも、追いかけてきたエリオットは“泣き顔まで醜い”とあざけった。ところが彼女が怒ると“かわいい君”と呼び、唇を奪って……。■2011年に惜しまれつつ亡くなった、ロマンスの女王ペニー・ジョーダン。彼女の幻の未邦訳4部作を刊行します。第1作のヒロインはベレア家でいちばん奥手なベアトリス。そんな彼女にエリオットはしびれを切らし、強引な方法で迫りますが……。

ルシーラは仕事が欲しくて必死だった。でも、家族に認めてもらう方法がほかにないからといって、男性のスイートルームに来たのはまずかったかもしれない。案の定、寝室のドアが閉まると、ルシーラはパニックに陥った。現れたニックは、直談判したい社長とは別の実業家だった。そして、今夜は彼女に目をつけていたと言い、男と二人きりになる意味は知っているな、と確認した。ルシーラは完全におびえ、大事な告白もできなかった。本当は修道女と同じくらい、男性を知らないのだと……。■2011年に惜しまれつつ亡くなったペニー・ジョーダン。彼女の幻の未邦訳4部作の2作目をお贈りします。1作目では今作のヒロインであるルシーラに、驚いた方も多かったのではないでしょうか。実は彼女は悲しい秘密をかかえ、孤独に苦しんでいたのです。

結婚式当日、3歳から決められていた許婚に突然捨てられ、フランチェスカは人生の目的を失っていた。傷心を癒やすために、ベネチアからイギリスへ旅立った彼女は、知人の家でオリヴァーという傲慢な男性に出会った。そして恋もまだなのかとあざけられ、さらに傷ついてしまう。女性との噂が絶えないプレイボーイの彼から見れば、世間知らずの私なんて、相手をする価値もないのだ。しかし翌日、フランチェスカはオリヴァーに再会する。無垢な彼女は、彼の情事の標的になったことに気づかなかった。■2011年に惜しまれつつ亡くなったペニー・ジョーダン。彼女の幻の未邦訳4部作の3作目をお贈りします。今作のヒロインはベネチアの公爵の孫フランチェスカ。24歳まで恋を知らなかった彼女が落ちた前途多難な恋。ベレア家の人々も引き続き登場します!

「ベレア家の愛の呪縛」の作品情報

レーベル
ハーレクイン・ロマンス
出版社
ハーレクイン(小説)
ジャンル
文芸・小説 ハーレクイン(小説)
ページ数
176ページ (鳥かごのシンデレラ)
配信開始日
2016年12月22日 (鳥かごのシンデレラ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad