電子書籍 キスの花束をキミに(it COMICS) マンガ

完結
著者: 秋山 シノ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

57ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

キスの花束をキミに 1 あらすじ・内容

無垢なココロが動き出す きっとはじめての恋物語

人が産まれたとき誰にも必ず現れる子守の精『乳母の木』。少女・つるの乳母の木は目覚めず、つるはその疎外感と孤独感から心を閉ざしていた。しかし、つるの17歳の誕生日、その乳母の木は美しい青年となって目を覚ました。青年はつると一日一回キスをしないと枯れてしまうという。まだ恋も知らないつるは、青年にただただ戸惑うばかりだが――。

この作品を共有
  

「キスの花束をキミに(it COMICS)」最新刊

シロが枯れてしまわないために必要だったはずの一日一回のキス。
けれど、シロがそれだけではない思いを抱えていると知り、つるは動揺してしまう。
人から好意を向けられることがどうしても怖いつるは、
シロの思いを受け止めることができなくて……。
ヒトではない青年と、内気で臆病な少女のはじめての恋物語、完結巻!

「キスの花束をキミに(it COMICS)」作品一覧

(3冊)

650円〜680円(+税)

まとめてカート

人が産まれたとき誰にも必ず現れる子守の精『乳母の木』。少女・つるの乳母の木は目覚めず、つるはその疎外感と孤独感から心を閉ざしていた。しかし、つるの17歳の誕生日、その乳母の木は美しい青年となって目を覚ました。青年はつると一日一回キスをしないと枯れてしまうという。まだ恋も知らないつるは、青年にただただ戸惑うばかりだが――。

つるの目の前に現れた乳母の木の精、その美しい青年につるは「シロ」と名前をつけた。一日一回のキスとあふれるほどに注がれるシロからの愛情に、だんだんと心をほどかれていくつるだったが、「恋をすることはない」と言われている乳母の木のシロがほかの乳母の木の女性を見つめていることに気づいてしまい――。

シロが枯れてしまわないために必要だったはずの一日一回のキス。
けれど、シロがそれだけではない思いを抱えていると知り、つるは動揺してしまう。
人から好意を向けられることがどうしても怖いつるは、
シロの思いを受け止めることができなくて……。
ヒトではない青年と、内気で臆病な少女のはじめての恋物語、完結巻!

「キスの花束をキミに(it COMICS)」の作品情報

レーベル
it COMICS
出版社
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
ジャンル
マンガ 女性マンガ 女性向け 恋愛 完結
ページ数
171ページ (キスの花束をキミに 1)
配信開始日
2017年1月19日 (キスの花束をキミに 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad