電子書籍 闘うもやし 食のグローバリズムに敢然と立ち向かうある生産者の奮闘記 実用

著: 飯塚雅俊 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

闘うもやし 食のグローバリズムに敢然と立ち向かうある生産者の奮闘記 あらすじ・内容

深谷市で親子2代、50年にわたってもやし栽培業を営む飯塚商店の飯塚親子は、大手スーパーから「いまどきの大量生産もやしをつくるか、従来のもやしづくりにこだわるか」と迫られ、後者を選んだため、あっさり取引を打ち切られました。 資本の論理の前に「当たり前のきちんとしたもの」が屈服するのか? 「もやし屋」飯塚雅俊52歳がいまなお継続する奮闘の軌跡を、自らのペンで綴ります。

この作品を共有

「闘うもやし 食のグローバリズムに敢然と立ち向かうある生産者の奮闘記」最新刊

深谷市で親子2代、50年にわたってもやし栽培業を営む飯塚商店の飯塚親子は、大手スーパーから「いまどきの大量生産もやしをつくるか、従来のもやしづくりにこだわるか」と迫られ、後者を選んだため、あっさり取引を打ち切られました。 資本の論理の前に「当たり前のきちんとしたもの」が屈服するのか? 「もやし屋」飯塚雅俊52歳がいまなお継続する奮闘の軌跡を、自らのペンで綴ります。

「闘うもやし 食のグローバリズムに敢然と立ち向かうある生産者の奮闘記」の作品情報

レーベル
――
出版社
講談社
ジャンル
実用 社会 学問
ページ数
281ページ (闘うもやし 食のグローバリズムに敢然と立ち向かうある生産者の奮闘記)
配信開始日
2017年1月6日 (闘うもやし 食のグローバリズムに敢然と立ち向かうある生産者の奮闘記)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad