電子書籍 依存の楔【単話】(シガリロ) マンガ

完結
著: akabeko 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

依存の楔 第一夜【単話】 あらすじ・内容

「この身体は、彼の愛し方を覚えている――」記憶喪失のとしは、彼の恋人だという男・まちと不思議な同棲生活を送っていた。人懐こいまちに悪い気はしないが、キスなどのスキンシップには、どうしても抵抗が残る。ふたりで暮らす小さな部屋の中で、としは自分の記憶の欠片を探すが――。失われたとしの記憶と、ふたりの関係とは? akabekoが贈るミステリアス・ラブ。

この作品を共有

「依存の楔【単話】(シガリロ)」最新刊

「最初から愛なんて無かったんだ」マンションの一室、ふたりだけの小さな世界。繰り返される狂った愛のストーリー。歪な彼らの行きつく先、そこで見た真実の愛とは――…。

「依存の楔【単話】(シガリロ)」作品一覧

(6冊)

各162(税込)

まとめてカート

「この身体は、彼の愛し方を覚えている――」記憶喪失のとしは、彼の恋人だという男・まちと不思議な同棲生活を送っていた。人懐こいまちに悪い気はしないが、キスなどのスキンシップには、どうしても抵抗が残る。ふたりで暮らす小さな部屋の中で、としは自分の記憶の欠片を探すが――。失われたとしの記憶と、ふたりの関係とは? akabekoが贈るミステリアス・ラブ。

まちのいじらしくも純真な愛情に、としの心は次第に揺れ始める。彼に触れる度、そのカラダにはかつて愛しあった時の記憶が蘇るような感覚も…。しかし、「何か」が違っていて?

「最後まで抱けた…記憶はないけど、僕はこの子が好きだ」まちに対して芽生え始めた、としの恋心…。電気は消して、着衣で。2度も体を重ねているのに、裸を見られる事を嫌がるまち。背中に刻まれたあるモノを見た時、彼の中で警鐘が鳴り響き…。

「依存の楔【単話】(シガリロ)」の作品情報

レーベル
シガリロ
出版社
シガリロ
ジャンル
マンガ 女性向け BL 完結 TL 恋愛
ページ数
27ページ (依存の楔 第一夜【単話】)
配信開始日
2017年1月6日 (依存の楔 第一夜【単話】)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad