電子書籍 わがセブン秘録 実用

著: 鈴木敏文  著者: 勝見明 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

わがセブン秘録 あらすじ・内容

日本最大の流通グループを率いた「コンビニの父」が後進に伝えたかったことは?<
2016年5月26日、セブン&アイホールディングス会長兼CEOを辞し、60年にわたる現役生活にピリオドを打った鈴木敏文氏。
「未来に向かって敷かれたレールはない。道は自分でつくるもの」と語る「コンビニの父」は、日本初のコンビニエンスストアを創業。
コンビニ銀行ほか、数々のヒット商品やサービスを生み出してきた。
引退した今だからこそ、後進に伝えたかった真実を明らかにする。

【著者紹介】
鈴木敏文(すずき・としふみ)
セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問
1932年、長野県生まれ。
1956年、中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手の東京出版販売(現・トーハン)に入社。
1963年、ヨーカ堂(現・イトーヨーカ堂)に移る。
1973年、セブン-イレブン・ジャパンを設立し、コンビニエンスストアを全国に広め、日本一の流通グループとして今日まで流通業界を牽引。
2003年、勲一等瑞宝章を受章。同年11月、中央大学名誉博士学位授与。経団連副会長、中央大学理事長などを歴任。
著書に『売る力――心をつかむ仕事術』『挑戦 わがロマン』などがある。

【目次より】
◆はじめに
◆第1章 懸命に「行き当たりばったり」に生きてきた
◆第2章 「無」から「有」を生むには「跳ぶ発想」を鍛える
◆第3章 「できない理由」をあげるより「実現する方法」を考えよう
◆第4章 「仕事の分母」には「売り手」ではなく常に「お客様」を置くと真実が見える
◆第5章 「判断の尺度」を「お客様」に合わせれば迷わず一秒で決断できる
◆第6章 ものごとの「本質」を見抜ければ仕事はうまくいく
◆おわりに

この作品を共有

「わがセブン秘録」最新刊

日本最大の流通グループを率いた「コンビニの父」が後進に伝えたかったことは?<
2016年5月26日、セブン&アイホールディングス会長兼CEOを辞し、60年にわたる現役生活にピリオドを打った鈴木敏文氏。
「未来に向かって敷かれたレールはない。道は自分でつくるもの」と語る「コンビニの父」は、日本初のコンビニエンスストアを創業。
コンビニ銀行ほか、数々のヒット商品やサービスを生み出してきた。
引退した今だからこそ、後進に伝えたかった真実を明らかにする。

【著者紹介】
鈴木敏文(すずき・としふみ)
セブン&アイ・ホールディングス名誉顧問
1932年、長野県生まれ。
1956年、中央大学経済学部卒業後、書籍取次大手の東京出版販売(現・トーハン)に入社。
1963年、ヨーカ堂(現・イトーヨーカ堂)に移る。
1973年、セブン-イレブン・ジャパンを設立し、コンビニエンスストアを全国に広め、日本一の流通グループとして今日まで流通業界を牽引。
2003年、勲一等瑞宝章を受章。同年11月、中央大学名誉博士学位授与。経団連副会長、中央大学理事長などを歴任。
著書に『売る力――心をつかむ仕事術』『挑戦 わがロマン』などがある。

【目次より】
◆はじめに
◆第1章 懸命に「行き当たりばったり」に生きてきた
◆第2章 「無」から「有」を生むには「跳ぶ発想」を鍛える
◆第3章 「できない理由」をあげるより「実現する方法」を考えよう
◆第4章 「仕事の分母」には「売り手」ではなく常に「お客様」を置くと真実が見える
◆第5章 「判断の尺度」を「お客様」に合わせれば迷わず一秒で決断できる
◆第6章 ものごとの「本質」を見抜ければ仕事はうまくいく
◆おわりに

「わがセブン秘録」の作品情報

レーベル
――
出版社
プレジデント社
ジャンル
実用 経済 自己啓発・生き方
ページ数
200ページ (わがセブン秘録)
配信開始日
2016年12月23日 (わがセブン秘録)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad