電子書籍 「ナベリウス封印美術館の蒐集士」シリーズ(GAノベル) ラノベ

完結
著者: 手島史詞  イラストレーター: 一色 

まずは、無料で試し読み

試し読み

67ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ナベリウス封印美術館の蒐集士<コレクター> あらすじ・内容

呪われた美術品を回収せよ!

「関わった者は破滅します。例外なくです。あれはそういったものなのです」
―アーティファクト―
それは超常の力を秘め、様々な異能を発動する「魔術師が作った美術品」。
この危険な美術品を専門に展示するという『ナベリウス封印美術館』。
導かれるようにこの館の蒐集士となった、青年ヴォルフと少女ジブリルは、
アーティファクトを回収するため、不思議な騒動や怪事件に挑んでゆく。
「天使を閉じ込めた鳥籠」「生者を虜にする棺」「観る者を溺死させる絵画」「死者を操る仮面」「殺人鬼の妖刀」「茨の棘」
様々なアーティファクトが引き起こした怪事件が二人を待ちうける――。
陰謀渦巻く、ミステリアス伝奇
――始動――

この作品を共有

「「ナベリウス封印美術館の蒐集士」シリーズ(GAノベル)」最新刊

「ヴォルフさんは、また誰かを愛したりできるんですか?」
「ジブリルこそ、そういう相手はいなかったのか?」
敵対する「グシャラボラス工房」のクロウリーとの対決を経て、ヴォルフとジブリルは絆を強めていった。
そして、アーティファクト回収の日々を送る2人に転機が訪れる。
―とある田舎にある屋敷を訪れ、幽霊現象を起す原因を突き止めてほしい―
そこは、かつてジブリルが暮らし、魔術の修行した屋敷だった。
怪しげな依頼に危機感を募らせながらも調査を進めるヴォルフとジブリルの前に、倒したはずのクロウリーが現われる。
「くかかかかか、ミルシエル嬢の仇討ちは、もう諦めたのかね?」
「魔導書」「幽霊船」「象牙天球」「サーカスの帳」「隠された肖像画」新たなアーティファクトが2人を破滅へと誘う。そしてジブリルの秘密が明らかに……。
「自分の肖像画を取り戻したいんです。わたしの体も元に戻るかもしれませんから」

「「ナベリウス封印美術館の蒐集士」シリーズ(GAノベル)」作品一覧

(2冊)

各1,100円 (+税)

まとめてカート

「関わった者は破滅します。例外なくです。あれはそういったものなのです」
―アーティファクト―
それは超常の力を秘め、様々な異能を発動する「魔術師が作った美術品」。
この危険な美術品を専門に展示するという『ナベリウス封印美術館』。
導かれるようにこの館の蒐集士となった、青年ヴォルフと少女ジブリルは、
アーティファクトを回収するため、不思議な騒動や怪事件に挑んでゆく。
「天使を閉じ込めた鳥籠」「生者を虜にする棺」「観る者を溺死させる絵画」「死者を操る仮面」「殺人鬼の妖刀」「茨の棘」
様々なアーティファクトが引き起こした怪事件が二人を待ちうける――。
陰謀渦巻く、ミステリアス伝奇
――始動――

「ヴォルフさんは、また誰かを愛したりできるんですか?」
「ジブリルこそ、そういう相手はいなかったのか?」
敵対する「グシャラボラス工房」のクロウリーとの対決を経て、ヴォルフとジブリルは絆を強めていった。
そして、アーティファクト回収の日々を送る2人に転機が訪れる。
―とある田舎にある屋敷を訪れ、幽霊現象を起す原因を突き止めてほしい―
そこは、かつてジブリルが暮らし、魔術の修行した屋敷だった。
怪しげな依頼に危機感を募らせながらも調査を進めるヴォルフとジブリルの前に、倒したはずのクロウリーが現われる。
「くかかかかか、ミルシエル嬢の仇討ちは、もう諦めたのかね?」
「魔導書」「幽霊船」「象牙天球」「サーカスの帳」「隠された肖像画」新たなアーティファクトが2人を破滅へと誘う。そしてジブリルの秘密が明らかに……。
「自分の肖像画を取り戻したいんです。わたしの体も元に戻るかもしれませんから」

「「ナベリウス封印美術館の蒐集士」シリーズ(GAノベル)」の作品情報

レーベル
GAノベル
出版社
SBクリエイティブ
ジャンル
ライトノベル 男性向け 完結
ページ数
429ページ (ナベリウス封印美術館の蒐集士<コレクター>)
配信開始日
2017年1月17日 (ナベリウス封印美術館の蒐集士<コレクター>)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad