電子書籍 稲川淳二のすご~く恐い話シリーズ 文芸

完結
著: 稲川淳二 

まずは、無料で試し読み

試し読み

16ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

稲川淳二のすご~く恐い話 1 あらすじ・内容

一世を風靡し続ける、恐怖大王・稲川淳二の体験実話シリーズ!

「おまえ、このタンスの後ろ、壁じゃないぞ…たぶん、これ、なんかあるぜ。」とにかく、動かそうということになって、中の物を出して、動かしたんですよ。そうしたら、あるんですよ。ほら、ギッと開ける、1枚の開きの戸の押入が。「でも、絶対におかしいよ。この押入が使えるのに、なんでタンスで覆っちゃう必要があるの。大体さあ、大家さんが、タンス使っていいですよ、ってそれも普通、ねえぞ」そしたら、一人が「開けようか」と言い出して…。

この作品を共有

「稲川淳二のすご~く恐い話シリーズ」最新巻

ジャッ、ジャッ、ジャッ、ジャッ…こちらへ近づいてくる。砂利を踏み締める音が、だんだん、だんだん大きくなって来て、女の子らしき子が近づいてくる。「あ~ボールかっ」と思って、まわりを捜した。「おっ、あった。ウッ!?んッ!?」ザラっとしてる。「コレ、結構重い…」するとその子がにゅ~っと手を出して、その子の手にそのボールを乗っけてやったら、重かったんでしょうねぇ、カクっと、前に体が出た。瞬間、上半身が見えた。見た瞬間…「ウッ」肩の上に頭がナイ……

「稲川淳二のすご~く恐い話シリーズ」作品一覧

(5冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

「おまえ、このタンスの後ろ、壁じゃないぞ…たぶん、これ、なんかあるぜ。」とにかく、動かそうということになって、中の物を出して、動かしたんですよ。そうしたら、あるんですよ。ほら、ギッと開ける、1枚の開きの戸の押入が。「でも、絶対におかしいよ。この押入が使えるのに、なんでタンスで覆っちゃう必要があるの。大体さあ、大家さんが、タンス使っていいですよ、ってそれも普通、ねえぞ」そしたら、一人が「開けようか」と言い出して…。

その死に方なんだけど…トンネルの中の私らが「寒い」って言った場所、ちょうど中央付近、そこで車が一回転してたんですよ。タイヤを上に向けて。ありえないことなんですよ、絶対。そんなに広くないんですから…。「それだけなら、まだいいんだけど、稲川さん。そいつ、車から飛び出していて、胴体と下半身が、真っぷたつに切断されていたんだよ」その時、調べた警官も、なんでそうなっちゃったのか、わからないらしいんですね。

ウワッ!あ、あれは絶対に人間じゃないぞ。この世のもんじゃない!そいつはしゃがみ込んで、そばにいる奴の顔を見ている。やがて、何かブツブツ言いながら立ち上がって、次の奴のところに行って、しゃがみ込む。そして、又立ち上がって移動する。待てよ、俺、あいつをトイレで見てるから、あいつ俺を捜してんのかなあ…段々、位置がずれてきて、近づいてくるのが判る。やがて、“ツツーッツツーッ”と畳がするような音がする。隣だ!隣に来てる!次は俺なんだ、次は俺なんだ…

「稲川淳二のすご~く恐い話シリーズ」の作品情報

レーベル
SPコミックス
出版社
リイド社
ジャンル
文芸 男性向け 完結 青年マンガ
ページ数
148ページ (稲川淳二のすご~く恐い話 1)
配信開始日
2017年1月11日 (稲川淳二のすご~く恐い話 1)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad