電子書籍 武器としての社会類型論 世界を五つのタイプで見る(講談社現代新書) 新書

著: 加藤隆 

まずは、無料で試し読み

試し読み

14ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

武器としての社会類型論 世界を五つのタイプで見る あらすじ・内容

人と同じように世界もタイプで分けるとわかりやすい。日本社会型(全体共同体)、西洋社会型(上個人下共同体)、中国社会型(上共同体下個人)、インド社会型(資格共同体)、古代ユダヤ〈イスラム〉社会(資格共同体)型。実はいま常識と考えられていること、たとえば「個人の自由が重要」なども西洋社会固有の考え方にすぎない。 第一線で活躍する神学者が類型論によって世界を相対化する。

この作品を共有

「武器としての社会類型論 世界を五つのタイプで見る(講談社現代新書)」最新巻

人と同じように世界もタイプで分けるとわかりやすい。日本社会型(全体共同体)、西洋社会型(上個人下共同体)、中国社会型(上共同体下個人)、インド社会型(資格共同体)、古代ユダヤ〈イスラム〉社会(資格共同体)型。実はいま常識と考えられていること、たとえば「個人の自由が重要」なども西洋社会固有の考え方にすぎない。 第一線で活躍する神学者が類型論によって世界を相対化する。

「武器としての社会類型論 世界を五つのタイプで見る(講談社現代新書)」の作品情報

レーベル
講談社現代新書
出版社
講談社
ジャンル
新書 社会 学問
ページ数
269ページ (武器としての社会類型論 世界を五つのタイプで見る)
配信開始日
2017年1月20日 (武器としての社会類型論 世界を五つのタイプで見る)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad