電子書籍 しんせかい 文芸

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

しんせかい あらすじ・内容

19歳の山下スミトは演劇塾で学ぶため、船に乗って北を目指す。辿り着いたその先は【谷】と呼ばれ、俳優や脚本家を目指す若者たちが自給自足の共同生活を営んでいた。苛酷な肉体労働、【先生】との軋轢、そして地元の女性と同期との間で揺れ動く思い。気鋭作家が自らの原点と初めて向き合い、記憶の痛みに貫かれながら綴った渾身作!

この作品を共有

「しんせかい」最新巻

19歳の山下スミトは演劇塾で学ぶため、船に乗って北を目指す。辿り着いたその先は【谷】と呼ばれ、俳優や脚本家を目指す若者たちが自給自足の共同生活を営んでいた。苛酷な肉体労働、【先生】との軋轢、そして地元の女性と同期との間で揺れ動く思い。気鋭作家が自らの原点と初めて向き合い、記憶の痛みに貫かれながら綴った渾身作!

「しんせかい」のおすすめコメント

しんせかい SS典子(BOOK☆WALKER スタッフ)

登録日:2017/02/15/p>

苦みも痛みもすべてさらけ出した青春。

主人公が俳優の養成学校に入り、そこで過ごした日々を軸に描いた本作。 夢のある若者が共同生活をしながら俳優を目指す青春ものかー。 と甘酸っぱさを求めて読むと大怪我をします。 友達以上、恋人未満の女性に対して体の関係がなかったことを悔やんだり 芝居の稽古での“間”の取り方は数を数えていただけなのに褒められた、など 過去の自分を一切飾ることなく、ありのまま自然体に描かれています。 特徴的なのは、独特なリズムを持つ文体。 改行が少なく、つらつらと続く文は著者の息継ぎそのものに感じられ、 頭の中を覗いているような感覚になります。 そのせいか文を追うだけですべてがダイレクトに伝わってきて、 不安定な思考や行動に読みすすめていくにつれ不安が増していきます…。 苦みだけを色濃く描いたような青春もの。 こんなに飽きのこない私小説には初めて出会った気がします。

「しんせかい」の作品情報

レーベル
――
出版社
新潮社
ジャンル
文芸
ページ数
140ページ (しんせかい)
配信開始日
2017年2月1日 (しんせかい)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad