電子書籍 捨ててこそ 空也 文芸

著: 梓澤要 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

捨ててこそ 空也 あらすじ・内容

父・醍醐天皇から疎まれ、母の手酷い仕打ちで左肘が折れ曲がった空也。全てを捨て都を出奔、野辺の骸を弔いつつ世の辛酸を知り尽くしていく。真の救いを探し求めて諸国を遍歴、平将門の首に祈りを捧げ、比叡山の権威にも屈しなかった空也が、最後に母を許したとき起きた奇跡とは。熱涙に満ちた人生と仏教の核心に迫る歴史小説。

この作品を共有

「捨ててこそ 空也」最新巻

父・醍醐天皇から疎まれ、母の手酷い仕打ちで左肘が折れ曲がった空也。全てを捨て都を出奔、野辺の骸を弔いつつ世の辛酸を知り尽くしていく。真の救いを探し求めて諸国を遍歴、平将門の首に祈りを捧げ、比叡山の権威にも屈しなかった空也が、最後に母を許したとき起きた奇跡とは。熱涙に満ちた人生と仏教の核心に迫る歴史小説。

「捨ててこそ 空也」の作品情報

レーベル
――
出版社
新潮社
ジャンル
文芸 時代小説 歴史
ページ数
418ページ (捨ててこそ 空也)
配信開始日
2017年2月1日 (捨ててこそ 空也)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad