電子書籍 清張映画にかけた男たち―『張込み』から『砂の器』へ― 実用

著: 西村雄一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

27ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

清張映画にかけた男たち―『張込み』から『砂の器』へ― あらすじ・内容

ただの娯楽映画にはしたくなかった。松本清張の世界を徹底してリアルに描きたかった。野村芳太郎、橋本忍、山田洋次らは『張込み』にすべてをかけた。やがて彼らは、大ヒット作『砂の器』を生み、幻の映画『黒地の絵』へ……何かに打ち込むことがすべてだった「昭和」の日々を描く、情熱と哀惜のノンフィクション。

この作品を共有

「清張映画にかけた男たち―『張込み』から『砂の器』へ―」最新巻

ただの娯楽映画にはしたくなかった。松本清張の世界を徹底してリアルに描きたかった。野村芳太郎、橋本忍、山田洋次らは『張込み』にすべてをかけた。やがて彼らは、大ヒット作『砂の器』を生み、幻の映画『黒地の絵』へ……何かに打ち込むことがすべてだった「昭和」の日々を描く、情熱と哀惜のノンフィクション。

「清張映画にかけた男たち―『張込み』から『砂の器』へ―」の作品情報

レーベル
――
出版社
新潮社
ジャンル
実用 映画
ページ数
372ページ (清張映画にかけた男たち―『張込み』から『砂の器』へ―)
配信開始日
2017年2月1日 (清張映画にかけた男たち―『張込み』から『砂の器』へ―)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad