電子書籍 「ゆらぎ」と「遅れ」―不確実さの数理学― 実用

著: 大平徹 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「ゆらぎ」と「遅れ」―不確実さの数理学― あらすじ・内容

「安定」「正確」を求める現実社会は、じつは「不規則」や「不確実さ」に満ちている。そうした「不確実性」は、時に予想もしない効果をもたらしたり、有益な働きをしてくれる。トーナメント戦での番狂わせ、犯人追跡の意外な方法、免震制御、時間差による攻撃手段など。身近にある不安定現象を挙げながらその意外な効用を説く。

この作品を共有

「「ゆらぎ」と「遅れ」―不確実さの数理学―」最新刊

「安定」「正確」を求める現実社会は、じつは「不規則」や「不確実さ」に満ちている。そうした「不確実性」は、時に予想もしない効果をもたらしたり、有益な働きをしてくれる。トーナメント戦での番狂わせ、犯人追跡の意外な方法、免震制御、時間差による攻撃手段など。身近にある不安定現象を挙げながらその意外な効用を説く。

「「ゆらぎ」と「遅れ」―不確実さの数理学―」の作品情報

レーベル
新潮選書
出版社
新潮社
ジャンル
実用 数学 学問
ページ数
248ページ (「ゆらぎ」と「遅れ」―不確実さの数理学―)
配信開始日
2017年2月1日 (「ゆらぎ」と「遅れ」―不確実さの数理学―)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad