電子書籍 フランドルの冬 文芸

著: 加賀乙彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

フランドルの冬(上) あらすじ・内容

フランドル地方の精神病院に勤務する日本人留学生コバヤシは、無期懲役のごとき現実世界から脱出しようと蠢きもがく異国人たちと接触するうち、徐々に精神科医としての自己と患者との境界が消え去り、正気と狂気の間をさまように至る――。芸術選奨新人賞を受賞した人間の根元を抉る重厚な心理長編。

この作品を共有

「フランドルの冬」最新巻

美貌の若い看護婦と恋におち、熱狂の日々を送るコバヤシ。彼はやがて人間存在の孤独に耐えきれず、おしつぶされるように狂気の淵におちこんでゆく。医長ドロマールの言葉通り、この世は巨大な牢獄で、私達すべては無期徒刑囚なのか、自殺や帰国が解決になるのか。精神科医である著者が描く現代人の深淵。

「フランドルの冬」作品一覧

(2冊)

各400円 (+税)

まとめてカート

フランドル地方の精神病院に勤務する日本人留学生コバヤシは、無期懲役のごとき現実世界から脱出しようと蠢きもがく異国人たちと接触するうち、徐々に精神科医としての自己と患者との境界が消え去り、正気と狂気の間をさまように至る――。芸術選奨新人賞を受賞した人間の根元を抉る重厚な心理長編。

美貌の若い看護婦と恋におち、熱狂の日々を送るコバヤシ。彼はやがて人間存在の孤独に耐えきれず、おしつぶされるように狂気の淵におちこんでゆく。医長ドロマールの言葉通り、この世は巨大な牢獄で、私達すべては無期徒刑囚なのか、自殺や帰国が解決になるのか。精神科医である著者が描く現代人の深淵。

「フランドルの冬」の作品情報

レーベル
新潮文庫
出版社
新潮社
ジャンル
文芸
ページ数
273ページ (フランドルの冬(上))
配信開始日
2017年2月1日 (フランドルの冬(上))
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad