電子書籍 主戦か講和か―帝国陸軍の秘密終戦工作― 実用

著: 山本智之 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

主戦か講和か―帝国陸軍の秘密終戦工作― あらすじ・内容

アジア太平洋戦争で終戦の地固めをしたのは、強硬かつ頑迷で悪名高い陸軍内で、極秘の工作活動を行った一派だった! 第二次大戦開始から戦争後期までドイツ軍の戦局に応じて立案された作戦の推移を追いながら、服部卓四郎率いる参謀本部作戦課と松谷誠の戦争指導課との対立を示し、「“陸軍一枚岩”観」を覆す、異色の終戦史。

この作品を共有

「主戦か講和か―帝国陸軍の秘密終戦工作―」最新巻

アジア太平洋戦争で終戦の地固めをしたのは、強硬かつ頑迷で悪名高い陸軍内で、極秘の工作活動を行った一派だった! 第二次大戦開始から戦争後期までドイツ軍の戦局に応じて立案された作戦の推移を追いながら、服部卓四郎率いる参謀本部作戦課と松谷誠の戦争指導課との対立を示し、「“陸軍一枚岩”観」を覆す、異色の終戦史。

「主戦か講和か―帝国陸軍の秘密終戦工作―」の作品情報

レーベル
新潮選書
出版社
新潮社
ジャンル
実用 歴史
ページ数
265ページ (主戦か講和か―帝国陸軍の秘密終戦工作―)
配信開始日
2017年2月1日 (主戦か講和か―帝国陸軍の秘密終戦工作―)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad